このページの本文へ

『MontaVista Linux Professional Edition』が『Intel IXC1100』プロセッサに対応

2002年09月04日 20時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米MontaVista Softwareは、『MontaVista Linux Professional Edition 2.1』が『Intel IXC1100』プロセッサに対応することを発表した。

『Intel IXC1100』プロセッサは、XScaleコアを搭載し、10/100BASE-Tコントローラなどを内蔵したもの。266MHzから533MHzの製品がリリースされる。StrongARMベースのアプリケーションのコードをそのまま流用できる、マルチサービススイッチやVoIPメディアゲートウェイ、ワイアレスインフラストラクチャなどのネットワーク機器をターゲットに開発されたプロセッサだ。LinuxやVxWorks、QNX、OSEなどの組み込みOSをサポートする。

『Intel IXC1100』プロセッサに対応した『MontaVista Linux Professional Edition 2.1』は、米MontaVista Softwareのサブスクリプション契約に基づき提供される。リリースは今年末になる予定。

カテゴリートップへ

ピックアップ