このページの本文へ

『MontaVista Linux』が新しいIBM PowerPCをサポート

2002年03月20日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米MontaVista Softwareは、同社の組み込みLinuxディストリビューション『MontaVista Linux』が『IBM PowerPC 440GP』をサポートすることを発表した。

『IBM PowerPC 440GP』は、IBMの組み込みアプリケーション向け拡張Power PCアーキテクチャ「Book E」に準拠したプロセッサ。既存の『IBM PowerPC 405GP』向けに開発されたアプリケーションと互換性を保ちながら、より高いパフォーマンスが発揮できるという。

『IBM PowerPC 440GP』の出荷開始はこの夏からになる。また、同プロセッサをサポートした『MontaVista Linux』は、第3四半期の予定。『MontaVista Linux Professional Edition 2.1』プロダクトサブスクリプション契約に基づいて提供される。

カテゴリートップへ

ピックアップ