このページの本文へ

米MontaVistaと英Tao Groupが双方向デジタルマルチメディア家電市場で提携

2002年11月09日 16時51分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

英Tao Groupと米MontaVista Softwareは、『MontaVista Linux Professional Edition 2.1』上で、Taoが開発したJava実行環境『intent』が動作可能であると発表した。

『intent』は、京セラ(株)が7月に発売したPDA『PocketCosmo』などにも搭載されているJava実行環境。J2MEモバイル・インフォメーション・デバイスやPersonal Java 1.1.8などのJava仕様をサポートしている。グラフィックスやオーディオ、ビデオといったコンテンツの実行も可能だ。

プレスリリースには、英Tao Group CEOであるFrancis Charig氏の発言として、「数カ月の間に多くの製品が市場に登場することになる」とされている。具体的に搭載される製品名などは今のところ明らかにされていない。

カテゴリートップへ

ピックアップ