このページの本文へ

『MontaVista Linux』がIBM PowerNPプロセッサのサポートを発表

2002年05月08日 21時09分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米MontaVista Softwareは、同社の組み込み向けディストリビューション『MontaVista Linux Professional Edition 2.1』でIBM PowerNPプロセッサをサポートすると発表した。

今回サポートが発表されたプロセッサは以下のとおり。

  • IBM PowerNP NP4GS3
  • IBM PowerNP NPe405L
  • IBM PowerNP NPe405H

『IBM PowerNP NP4GS3』は、主にネットワーク機器をターゲットにしたプロセッサ。ストリーミングオーディオやビデオダウンロードといった処理に対応するため、リソース管理機能などを強化した製品だ。

『IBM PowerNP NPe405L』、『IBM PowerNP NPe405H』は、オンチップのパワーマネジメント機能を持った組み込み向けプロセッサ。消費電力に制限のある機器や、発熱を押さえたい機器をターゲットとした製品となっている。

IBM PowerNPシリーズに対応した『MontaVista Linux Professional Edition 2.1』は、6月より提供される予定だ。製品はプロダクトサブスクリプション契約に基づいて提供される。

カテゴリートップへ

ピックアップ