このページの本文へ

イスラエルAraneoの“IP TV Platform”にMontaVista Linuxを採用

2002年12月05日 19時37分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米MontaVista Softwareは、イスラエルAraneoと“IP TV Platform”の開発において、技術面で協業することを発表した。

Araneoの“IP TV Platform”は、米IBMの“STB03xxx”シリーズおよび“STB04xxx”シリーズをベースにした、MPEGビデオストリームを受信、再生する機器。CPUはPowerPC405を搭載している。ヨーロッパを中心に開発されている、MPEG2ビデオの圧縮および伝送のスキームである“Digital Video Broadcasting”(DVB)や、IPベースのMPEGストリームに対応し、既存のテレビで直接再生することができる。

MontaVista Softwareは、“IP TV Platform”の開発に際して、『MontaVista Linux Professional Edition』を提供したほか、米IBMの『VisualAge Micro Edition』を提供し、Java VMの実装も提供している。これにより、“IP TV Platform”には、Webブラウザやメールクライアントといったアプリケーションの搭載が可能になっている。

Araneoは今後、“IP TV Platform”を通常のテレビに内蔵したデジタルテレビの開発を計画しており、IPストリーミングなども計画しているという。

カテゴリートップへ

ピックアップ