このページの本文へ

Itanium版『Red Hat Linux 7.2』登場

2002年01月09日 19時47分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米Red Hatは、Itaniumプロセッサに対応したディストリビューション『Red Hat Linux 7.2 for Itanium processor』を発売すると同時に、同社FTPサイトからのダウンロードを開始した。

このバージョンでは、ext3ファイルシステムのサポートや、USBサポートの強化といった改善がなされている。そのほかの主な特徴は以下のとおり。

  • ネットワーク設定、ユーザー管理、ハードウェア管理ツールを搭載
  • インストール中のファイアウォール設定機能を搭載
  • Disk Druidのユーザーインターフェイスを改善
  • テキストモードインストールでRAIDデバイスの作成をサポート
  • インストール過程でUSBフロッピードライブのサポート

主な仕様は以下のとおり。

  • カーネル 2.4.9
  • glibc 2.2.4
  • gcc 2.96/3.0.1
  • XFree86 4.1.0

販売は米Red HatのWebサイトで行なわれており、価格は495ドル。なお、国内での販売はOEM向けにのみ行なわれる予定。

カテゴリートップへ

ピックアップ