このページの本文へ

Red Hat Linux日本語版のロードマップ発表される

Red Hat Linux日本語版7.0は9月に発売

2000年04月07日 15時04分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2000年4月7日、14時から開催されている「最新Linuxビジネスセミナー」において、レッドハット(株)の代表取締役 平野正信氏が、同氏セミナー中にRed Hat Linux日本語版の、今後のロードマップについて言及した。注目されるのは、「7.0」のバージョンナンバーが話題にのぼっていること。それによると、7.0は、カーネル―2.4ライブラリ―glibc2.2&3.0になるという。

 ロードマップ自体は、以下のとおりだ。

  • Red Hat Linux 6.2日本語版―4月21日
  • Oracel 8i 8.1.6対応版―米国で4月(国内は不明)
  • Red Hat Linux 7.0日本語版―9月
  • Red Hat Linux 7.1日本語版―2001年2月

カテゴリートップへ

ピックアップ