このページの本文へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第123回

ナチュラルでストレスフリーの快楽! HondaのコンパクトSUV「VEZEL」は圧倒的完成度だ

2021年06月13日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

刷新されて最新機能満載のインフォテイメントと
安全運転支援システム

まるでタブレットのようなインフォテインメントシステムのスタート画面

HondaのCar Apps画面。これらのアプリを使って新サービスを享受することができる

 車載インフォテインメントシステムも一新。Honda e同様、アプリをインストールして、Radikoなどを楽しむことができます。車両とのスマートフォン連携も強化され、バーチャルキーを導入したのもポイント。Honda eはNFCでタッチ&ゴーでしたが、VEZELはPINコードを入力する方式が採用されています。

回生量最大の状態

回生量最小の状態

 ステアリングはFITやHonda eとは違って3本スポーク。減速セレクターによって回生ブレーキ量を変更することができます。ちなみにシフトモードをBにすると、回生力が強まり、シングルペダル動作のような走りも可能。ただ、他社とは異なりアクセルを完全に離した状態で停止することはありません。止まる時はしっかりブレーキを踏みましょう。

G(ガソリン仕様車)のシフトノブまわり

e:HEVでは、SPORT、NOMAL、ECOMと3段階のドライブモードセレクタースイッチが用意される

ヒルディセントコントロールの概念

搭載するHonda SENSING

衝突安全ブレーキの機能も拡大

強化された路外逸脱抑制機能

 渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロールに衝突低減ブレーキ、車線維持支援システムといった安全運転支援システム「Honda SENSING」も完備。現在考えられる先進技術を搭載して、ドライバーをサポートしてくれます。便利そうなのが下り坂走行時にアクセルコントロールするヒルディセントコントロールをHondaの国内販売車としては初めて搭載したこと。雪道などはもちろんのこと、ショッピングモールの駐車場などで効果を発揮しそうです。

メーターパネルの様子

 メーターパネルは指針式速度計とLCDディスプレイの組み合わせ。e:HEVの動作状態などをモニタリングできます。なお、e:HEV仕様車にはエンジン回転の表示はないようでした。(Gグレードのガソリンエンジン仕様にはタコメーター有り)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ