このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

最新パーツ性能チェック 第257回

GTX 1060 3GBに肉迫するTuring GTXのエントリークラス

GeForce GTX 1650とGTX 750 TiからGTX 1060までの歴代GPUを比較

2019年04月29日 18時45分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「SEKIRO」も画質を落として最低fpsを底上げしたい

 最後に今話題のゲームとして「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」のパフォーマンスもチェックしてみよう。APIはDirectX11、かつフレームレートは60fps上限というゲームなのでエントリークラスのGPUに優しそうな感じがする。Modを入れれば60fps制限は開放できるが、今回はModを一切入れない状態で計測した。

 画質は一番重くなるよう設定し、葦名城城下~城下外郭の一定の往復ルートを移動した際のフレームレートを「OCAT」で測定した。

「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」1920×1080ドット時のフレームレート。

「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」2560×1440ドット時のフレームレート。

「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」3840×2160ドット時のフレームレート。

 このゲームは操作にクセがある(単に筆者の習熟度の問題でもあるが……)ためか手動計測での誤差が出やすいが、GTX 1650だとGTX 1660やGTX 1060 3GBより60fpsを下回る率が高かった。ただし、影などパッと見でわかりにくい設定を下げれば十分60fpsキープも可能だろう。

 しかし、WQHDになるとGTX 1060 3GBのほうが圧倒的有利になる点を考えると、GTX 1650はフルHDで遊ぶことを主眼に置いたGPUであることがわかる。メモリーバス幅128bitならこのあたりが限界と言える。

まとめ:フルHDなら良好なパフォーマンス。今後価格が落ち着けばよいが……

 以上でGTX 1650の検証は終了したので、GTX 1650のパフォーマンスを100とした場合、他のGPUがどの程度の性能差なのかを大局的に眺めてみよう。今回検証した実際のゲームタイトル(3DMarkなどは含まない)の平均フレームレートを基準に比較し、GTX 1650に対して平均でどの程度上か下かを示したのが下のグラフだ。100%より上ならGTX 1650のほうが速く、100%より下ならGTX 1650のほうが遅いという意味になる。

GTX 1650の総合的なパフォーマンス。WQHDや4Kで所々数値の逆転が発生しているが、負荷が重すぎて計測誤差が大きめなため、フルHD以外はあまりアテにならないことをご了承いただきたい。

 GTX 1650とGTX 1660の間には非常に大きな性能ギャップがあり、さらに1世代前のGTX 1060 3GBに対しても一部例外があるとはいえ、わずかに劣る。その理由はCUDAコアがガッツリ削られてコストダウンされているせいでもあるが、GTX 1050 Tiに相当するGTX 1650 Tiがやがて登場することを示唆している。GTX 1650 TiならGTX 1660との性能ギャップを補完し、かつGTX 1060 3GBをわずかに上回ってくれるだろう。

 とはいえ、GTX 1650もそう悪い存在ではない。GTX 1050 Tiと比べるとフルHDでも平均82%のパフォーマンス増が確認できている。BFVなどの超重量級ゲームを最高画質でプレイするのは厳しいものの、やや画質を落とす前提ならば十分に働いてくれる。特にGTX 950やGTX 750 TiといったMaxwell世代の補助電源不要でも動くGPUユーザーであれば、GTX 1650への乗り換えは劇的にゲーム環境を変える可能性を秘めている。

 しかしながら惜しいのは現在の価格設定だ。冒頭でも書いた通り、GTX 1650はPalitの最安モデルで2万円前後でボリュームゾーンは2万2000円前後だが、同価格帯にはGTX 1060がひしめいている。しかもその中には今回検証に使ったモデルよりもVRAM搭載量が大きい6GBモデルもあるのだ。このPascal世代のミドルクラスが市場から消え去らなくては、GTX 1650の値段は下げたくても下げられない、といったところだろう。

 とはいえ、近頃のNVIDIAのGPU開発サイクルから言うと、GTX 1650はまだまだ使われるはず。今後じわりじわりと値が下がってくる、そこを狙えばよいのだ。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中