このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第257回

GTX 1060 3GBに肉迫するTuring GTXのエントリークラス

GeForce GTX 1650とGTX 750 TiからGTX 1060までの歴代GPUを比較

2019年04月29日 18時45分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Far Cry New Dawn」は平均60fps未満

 同じFPS系でも重めなゲームはどうか? ということでまずはDirectX 11ベースの重量級「Far Cry New Dawn」を試してみたい。画質はプリセットの「最高」とし、アンチエイリアスは「TAA」を選択。ゲーム内ベンチマーク機能を利用して計測する。

「Far Cry New Dawn」1920×1080ドット時のフレームレート。

「Far Cry New Dawn」2560×1440ドット時のフレームレート。

「Far Cry New Dawn」3840×2160ドット時のフレームレート。

 GTX 1660であればフルHD&画質「最高」で60fpsをキープできるが、さすがにTU117のGTX 1650では厳しかったようだ。GTX 1060 3GBも60fpsキープは無理なものの平均では60fps以上に到達しているので、CUDAコア数とメモリーバス幅の利と言える。ただし、Pascal世代の同クラス、つまりGTX 1050 Tiや1050と比べると24~51%増しになっているため、エントリークラスのGPUとしては相当パワーアップしているのが窺える。

「Battlefield V」の最高画質は厳しい

 超重量級のFPSゲーム「Battlefield V」(以下、BFV)でも見てみよう。DirectX 12モードでDXRやHDRは無効とし、プリセットの「最高」をベースに垂直同期や先行フレームレンダリングも切った設定とした。シングルプレイヤー用キャンペーン「ティライユール」の2つ目のステージ「平等」を利用し、一定のコースを移動した際のフレームレートを「OCAT」で測定した。

「Battlefield V」DX12、1920×1080ドット時のフレームレート。

「Battlefield V」DX12、2560×1440ドット時のフレームレート。

「Battlefield V」DX12、3840×2160ドット時のフレームレート。

 Turingアーキテクチャーはシェーダーの新しいゲームに特効と解説したが、さすがにBFVクラスの重さになるとCUDAコアの少なさやメモリー帯域の細さがシビアに響くようだ。フルHD環境ではGTX 1060 3GBに対し、72%程度のフレームレートしか出せていない。BFVを最高画質で楽しみたいなら、素直にCUDAコアもメモリーバス幅も太いGTX 1660より上のGPUをチョイスするほうが得策だろう。

 もちろん、解像度が上がるとVRAM搭載量の差が効き始めてGTX 1060 3GBとの差は縮まる。とはいえ、快適に遊べるわけではない。しかしながら、GTX 1050 Ti以下ではまともに動くかどうかというレベルで、GTX 950やGTX 750 Tiではあまりに重すぎて計測できなかった。それがGTX 1650では「ある程度動く」レベルになっているのでそこは評価に値するだろう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中