このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第260回

TITANにGeForce RTX 20/GTX 16シリーズ、Radeon VIIにVega 64/56、RX 500シリーズまで網羅!

「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ」ベンチマークを現行グラボ15本で大検証

2019年06月01日 10時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ファイナルファンタジーXIV」漆黒のヴィランズベンチマークはWEBサイトから無償でダウンロードできる。環境によってはDirectXランタイムなども合わせて導入する必要がある。

 PCゲームはPCのスペックを盛れば快適になることが多いが、それには予算が必要だ。とはいえ、予算には限りがある。それゆえに、「私のPCでは【ゲームの名前】はどの程度快適に遊べるか?」を調べる作業はとても重要になる。

 国産MMORPGの雄「ファイナルファンタジーXIV」(以下、FF14)シリーズでは、大型アップデートの発売に先駆けてベンチマークソフトを提供するのが恒例になっている。来る2019年7月2日には拡張パッケージ「漆黒のヴィランズ」が発売するが、これに先立ち、漆黒のヴィランズの世界観を題材にした公式ベンチマーク(以降、漆黒のヴィランズベンチと呼ぶ)が公開された。

 自分の想定する解像度や画質でFF14を動かした場合、どの程度快適に遊べるかをスコアーで教えてくれる。FF14に興味がある方はぜひとも漆黒のヴィランズベンチを実行して、現在の環境がどの程度快適なのかをチェックしていただきたい。

 ゲームの内容については専門のサイトなどを参照していただくとして、ここでは純粋に漆黒のヴィランズベンチでは各ビデオカードがどの程度のパフォーマンスを発揮するのかを検証している。GeForce及びRadeonの現行モデル15種類(+内蔵GPU1種類)でテストしたので、マシンアップデートの参考にしてほしい。

インターフェースは前作(紅蓮のリベレーターベンチ)とほぼ同じだが、高DPI表示設定でもフォントが美しくレンダリングされるように改善している。
ウィンドウのタイトルバーも今風のフラットなデザインになっている。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中