このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第257回

GTX 1060 3GBに肉迫するTuring GTXのエントリークラス

GeForce GTX 1650とGTX 750 TiからGTX 1060までの歴代GPUを比較

2019年04月29日 18時45分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「World War Z」は最低60fpsをキープ

 BFVはGTX 1650には荷が重すぎたようなので、もう少しマイルドな負荷の最新ゲーム「World War Z」(以下、WWZ)でも試してみよう。APIはDirectX 11かVulkanを選択できるが、GeForce系ではDirectX 11のほうが良好な性能が出るのでDirectX 11モードを選んだ。ちなみに、Vulkanだと圧倒的にRadeonが強いが、今回は割愛する。画質はプリセットの「Ultra」を利用し、ゲーム内ベンチマーク機能を利用して計測した。

「World War Z」1920×1080ドット時のフレームレート。

「World War Z」2560×1440ドット時のフレームレート。

「World War Z」3840×2160ドット時のフレームレート。

 結果を眺めるとGTX 1650はフルHDで最低60fpsと快適ラインを死守。同じx50番台でもPascal世代とTuring世代とでは大きな差があることから、WWZもアーキテクチャーのメリットが活きたゲームのひとつであると言えるだろう。また、どの解像度でもGTX 1060 3GBよりコンスタントに低いフレームレートなのが興味深い。

「Forza Horizon 4」でGTX 1060 3GB超えの番狂わせ

 ここから先はDirectX 12ベースのゲームを中心に見ていこう。まずは定番の「Forza Horizon 4」を利用する。ダイナミックオプティマイゼーションを切り、画質「ウルトラ」に設定。ゲーム内ベンチマークを利用して計測した。

「Forza Horizon 4」1920×1080ドット時のフレームレート。

「Forza Horizon 4」2560×1440ドット時のフレームレート。

「Forza Horizon 4」3840×2160ドット時のフレームレート。

 このゲームではGPU処理のフレームレートと実際にプレイヤーが目にするフレームレート(Avg)は別個のものとして計測される。そして、VRAM 2GB以下のGPU、すなわちGTX 1050以下のGPUは解像度を4K設定にした際にアプリ自体が強制終了したため結果は“なし”となっている。

 また、ここでは他のゲームでは歯が立たなかったGTX 1060 3GBにGTX 1650が勝つという番狂わせが起こっている。解像度が上がりメモリーバスへの負荷が増えると最終的には逆転するが、解像度が低い状況ではTuringアーキテクチャーのメリットが存分に活かされていると考えて良さそうだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中