このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所第141回

中位機種の拡充が見えてきた:

4万円スマホが今年の主役になりそうなワケ

2019年02月05日 16時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 携帯料金値下げ議論において、端末と回線の分離に向けた動きが進んでいます。端末購入補助による「実質○円」の販売モデルがなくなり、端末が定価で売られる時代がきたとき、主役になりそうなのが「4万円スマホ」です。

■10万円のスマホも定価販売が基本に

 NTTドコモは携帯料金の「2~4割程度の値下げ」を2019年度第1四半期に実施すると予告しています。2月1日の決算会見で具体的な姿が見えてきました。

 ドコモはシンプルで分かりやすい新料金プランを設計しており、吉澤社長の説明から、正式発表は4月または5月、提供開始は夏モデルが発売される5月後半から6月になると予想されます。

2019年度第1四半期に登場予定の新プラン
NTTドコモ吉澤和弘代表取締役社長。2月1日の決算説明会より

 新料金プランは端末と回線を分離した、いわゆる「分離プラン」になるとみられます。端末は「正価で買っていただくのが基本」(吉澤社長)で、「月々サポート」のような高額の端末購入補助はなさそうです。

 これまでは端末購入補助のおかげで、2年契約時に10万円のスマホを「実質3~4万円」で買うことができましたが、これからは10万円のスマホは10万円で買う時代になるというわけです。もはや、高額なスマホは売れなくなるのではないか、という疑問が湧いてきます。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン