このページの本文へ

プレビュー版ではすでに利用可能

Windows 10の新ブラウザー、正式名称は「Microsoft Edge」

2015年04月30日 12時54分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
新ブラウザーについに正式名称が

 米マイクロソフトは現地時間4月29日、開発者向けイベント「Build 2015」を開催し、次期OS「Windows 10」に搭載される新ブラウザーの正式名称「Microsoft Edge」を発表した。

 Microsoft Edgeは、これまで「Project Spartan」というコードネームで呼ばれてきたブラウザー。新しいレンダリングエンジン「EdgeHTML」を採用し、動作が従来よりも軽量化、ChromeやFirefoxのような拡張機能に対応するのが特徴。

 現在提供されているWindows 10プレビュー版では、パーソナルアシスタント「Cortana」との連携、手書きメモを閲覧中のページに残したりメモ内容を共有できるペン機能、ページをPDFなどの形式で保存・収集し、オフラインでの閲覧を可能にするリーディングリスト機能などを利用できる。なお、Windows 10はMicrosoft EdgeとInternet Explorer、2つのウェブブラウザーを併載する予定だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン