このページの本文へ

ここが変わったWindows 10 第56回

COMPUTEX 2015で語られたWindows 10のスペックとビジョン

Windows 10、発売後は3年以内に10億ユーザーを目指す

2015年06月27日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月17日、Windows公式ブログ上で開発中の次期OS「Windows 10」の販売開始時期を2015年夏とし、世界190ヵ国・111言語でリリースすると発表し、6月1日、ついに公式ブログ上で「7月29日」からアップグレード開始と公表された。Windows 8.1の後継OSとして、いろいろな機能のブラッシュアップが行われている。

 この連載ではプレビュー版の「Windows 10 Insider Preview」を利用し、Windows 10の新機能の紹介、解説をする。

マイクロソフトのOEM担当役員ニック・パーカー氏が登壇した

 6月2〜6日に台湾で開催された国際コンピュータ見本市「COMPUTEX 2015」でWindows 10について1時間を超えるアナウンスがあった。大手のデベロッパーがWindows 10のアプリ開発に乗り出しており、96の新製品が登場し、300以上のデバイスでWindows 10が動作すると発表。とはいえ、個別の詳細情報は公開されなかった。

 Windows7や8.1ユーザーは無料で10にアップグレードできるのは既報のとおりで、今PCの買い控えをする必要はないということをアピールしていた。その時のキャッチコピーが「Buy one. Get"10"Free.」。1つ買ったら1つ無料、という定番コピーをネタにした駄洒落で面白い。

 Windows 10のインサイダープレビュープログラムには400万人が参加しており、発売後は3年以内に10億ユーザーを目指すという。現在のWindowsユーザーは15億人なので、そのうち3分の2をWindows 10に移行させればいいだけというのだ。世界で6億人のユーザーが使っているPCは4年以上前に購入しているものというデータも提示していたので、見込みはあるのだろう。

 無料でのアップグレードサービスも当然、この路線に沿った戦略だ。Windows 10は随分完成度の高いOSなので、7からのアップグレードは進むと思われる。

 しかし、10億ユーザーという目標を達成するにはスマホOSでも成功する必要がある。こちらは、GoogleとAppleがライバルであり、現時点のビルドを見る限り難しいと言わざるを得ない。Windows Mobileのブラッシュアップに期待したいところだ。

 「COMPUTEX 2015」(http://www.computextaipei.com.tw/)のサイト。そうそうたるメーカーが1700社以上参加した


 駄洒落キャッチコピーの「Buy one. Get"10"Free.」で7月までの買い控えを回避しようとするPCメーカー。画面はレノボ


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン