このページの本文へ

ここが変わったWindows 10 第57回

生体認証機能でサインイン

写真は見抜く! 顔で認証するWindows 10の新機能「Windows Hello」

2015年06月28日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月17日、Windows公式ブログ上で開発中の次期OS「Windows 10」の販売開始時期を2015年夏とし、世界190ヵ国・111言語でリリースすると発表し、6月1日、ついに公式ブログ上で「7月29日」からアップグレード開始と公表された。Windows 8.1の後継OSとして、いろいろな機能のブラッシュアップが行われている。

 この連載ではプレビュー版の「Windows 10 Insider Preview」を利用し、Windows 10の新機能の紹介、解説をする。

Windowsチームのスコット・エバンス氏が解説

 Windows 10には、「Windows Hello」と呼ばれる生体認証機能が搭載される。顔や目の虹彩、指紋などでユーザーを識別し、Windowsに手軽にサインインできるようになる。PCを使うたびにパスワードを入力するのは面倒なので、嬉しいところだ。

 もちろん、セキュリティには気を配っている。正規ユーザーの顔写真を掲げただけで認識しないように、赤外線センサーを搭載するカメラを利用し、顔の立体化も認識するようにしている。誤認識率は10万分の1以下で、エンタープライズ用途でも利用できるとしている。認証情報は端末にのみ保存され、マイクロソフトには送信されない。そして万一その情報が漏洩しても、ユーザーがカメラの前に座らない限り、不正アクセスされることはない。

 さらに、「Microsoft Passport」機能では、様々なアプリやサービスなどのパスワードを管理できる。パスワードをすべて暗記する必要がなくなるので、複雑な文字列が付けられるようになり、セキュリティも強固にできるというメリットがある。

 PCを起動し、ウェブカメラを見るだけでサインインできる


 アプリやサービスにも顔認証でサインイン。画面は財務管理アプリ


 開発モードの画面。赤外線センサーによって、顔を認識するのであまり明暗は関係ない


 ユーザーの顔をプリントした写真では、サインインできない


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン