このページの本文へ

ここが変わったWindows 10 第66回

Windows PhoneやAndroid、iPhone/iPadにも対応

Windows 10の新搭載アプリ「電話コンパニオン」は各種スマホの母艦になれるか?

2015年07月19日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月17日、Windows公式ブログ上で開発中の次期OS「Windows 10」の販売開始時期を2015年夏とし、世界190ヵ国・111言語でリリースすると発表し、6月1日、ついに公式ブログ上で「7月29日」からアップグレード開始と公表された。Windows 8.1の後継OSとして、いろいろな機能のブラッシュアップが行われている。

 この連載ではプレビュー版の「Windows 10 Insider Preview」を利用し、Windows 10の新機能の紹介、解説をする。

「電話コンパニオン」の起動画面

 ビルド10162には、「電話コンパニオン」というアプリが搭載されている。起動すると、Windows PhoneやAndroid、iPhone/iPadという3項目が表示される。端末を接続すると、利用できるアプリが表示される。日本語版はコルタナとXbox Musicは未対応なので、OneDrive、OneNote、Skype、Office、Outlookの5項目が選択できる。

 アプリを選択すると、スマホでダウンロードするように進められる。メールでダウンロードリンクを送ることもできるようだが、筆者の環境ではうまく送信できなかった。その後、アプリでサインインするように指示されて終わり。つまり、ナビゲーションしてくれるだけのアプリで、スマホの母艦になるような機能は備えていない。

 端末ストレージの空き容量を確認したり、エクスプローラーでストレージを開いたりできるが、写真をインポートしたり、バックアップしたりする機能はない。特に便利でもわかりやすくもないので、存在理由がよくわからない。3スマホのうち、Windows Phoneだけ「これ以上ない組み合わせ」とぶちあげているので、広告ツールとしての効用を見込んでいるのかもしれない。


 iPhoneを接続したところトーストが現れたのでタップ。規定の動作で「電話コンパニオン」を選ぶこともできる


 スマホでできることが一覧表示されている。準備ができていない項目は「間もなく登場」となっている


 「Skype」を選んだところ


 メニューボタンを押すと、端末ストレージの使用状況を確認したり、エクスプローラーで開いたりできる


 Windows 10 Mobile端末を接続したところ。AndroidやiOSデバイスとは異なる画面が表示された


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン