このページの本文へ

ここが変わったWindows 10 第40回

PCや大画面タブレットでの利用は有料!?

モバイル端末向けの「Office for Windows 10」は無料!

2015年05月18日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月17日、Windows公式ブログ上で開発中の次期OS「Windows 10」の販売開始時期を2015年夏とし、世界190ヵ国・111言語でリリースすると発表した。Windows 8.1の後継OSとして、いろいろな機能のブラッシュアップが行われている。

 この連載ではプレビュー版の「Windows 10 Technical Preview」を利用し、Windows 10の新機能の紹介、解説する。

Windows 10のストアアプリからOffice Previewをダウンロードする。※本記事内の画像はすべてBuild 10074です

 Windows 10向けの「Office for Windows 10」もプレビュー版が公開されている。「Office for Windows 10」はタブレットやスマホでの操作も視野に入れているのが特徴。デスクトップアプリとしても利用できる。これとは別に、従来のOfficeの流れをくんだ「Office 2016」も登場する予定だ。

 プレビュー版が公開されているのは、WordとExcel、PowerPoint、OneNoteの4アプリ。Windowsストアからダウンロードできる。Outlookはこれから登場する予定。機能は有料のOfficeよりも少ないとはいえ、基本的な作業は可能。例えば、「Word Preview」なら、各種文字装飾や画像や表の挿入、脚注、校閲まで行える。従来のストアアプリのように横スクロールでページを前後できる「閲覧」機能も搭載されている。

 ビューワーではなく、新規作成や編集が行えるオフィスアプリが無料で公開されるのは、ユーザーとしては非常に嬉しいところだ。とはいえ、無料と明言されているのはモバイル端末向けのみ。PCや大画面タブレットでの利用は有料になると思われる。


最初に簡単なアプリの紹介があり、右にスライドしていくと、使用を開始できる


Wordの作業画面。OneDrive内のファイルを読み込むことができる。メニューやボタン類が大きく、タッチでも操作しやすい


Excelの作業画面。グラフや関数も問題なく利用できる。ただし、マクロは非対応


PowerPointの作業画面。「SmartArt」を利用できるのが大助かり


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン