このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Androidタブ用「Microsoft Office」プレビュー版を試した!

2014年12月08日 13時00分更新

文● 小山安博

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Androidタブレット用Officeアプリのプレビュー版「Microsoft Office for Android Tablets Preview」が登場

 マイクロソフトのAndroidタブレット用アプリ「Microsoft Office for Android Tablets Preview」が公開された(無償)。現時点ではまだプレビュー版の扱いで、利用申請したユーザーのみ利用できる状態だが、日本語を含め30ヵ国以上の言語に対応しており、使った限りは完成度が高い。今回は、このプレビュー版を試用してみた。

AndroidタブレットでOfficeファイルを作成・編集できる

 Andoridタブレット用のMicrosoft Office for Android Tablets Previewは、すでに提供されているiPhone/iPad版と同じく、タブレット向けのOffice製品群だ。iPhone/iPad版同様、「Word」「Excel」「PowerPoint」の3製品が用意されている。

 プレビュー版の利用には申請が必要で、すでに当初のリクエストサイトは閉鎖されているが、Google+ページから申請できる。申請後2時間以上経過するとプレビュー版のテスターとして登録され、Google Playからダウンロードできるようになる。

 インストールできる動作環境は、7インチ〜10.1インチのディスプレイサイズを備える、Android 4.4.x(KitKat)以上を搭載したAndroidタブレット。対応プロセッサーはARMベースで、1GBのRAMも必要とされている。基本的に、国内で出ている一般的なタブレットならば対応しているはずだ。本稿では、Nexus 7(2013)でテストを行なっている。

 注意点は、今回のプレビュー版ではAndroid 5.x(Lollipop)環境やAtomベースのタブレットは対象外となっていることだ。また、現状では仮想マシンとして「Dalvik」をターゲットとしているようで、新仮想マシン「ART」に切り替えている場合はDalvikに戻すように呼びかけている。

インストールできる動作環境は、7〜10.1インチのディスプレイサイズを備える、Android 4.4.x(KitKat)以上を搭載したAndroidタブレット。画面写真下部にある「Word Preview」「Excel Preview」「PowerPoint Preview」をタップすると、それぞれ該当ページにジャンプする画面写真中央のメッセージに注目。動作環境の条件に合わないハードウェアでアクセスすると、ダウンロード自体が行なえない

 なお、インストールや起動に成功・失敗した場合のどちらでも、Google+ページにその旨の内容の投稿を行なってみてほしい(「Works fine on ○○○(製品名)」程度の短い文章もよく見かける)。マイクロソフトへのフィードバックという点以外にも、これからインストールするユーザーの参考になる。また、マイクロソフトのスタッフ側からの返信は英語となるが、日本語による投稿内容もチェックしているようだ。

作成や編集にはMicrosoftアカウントの登録が必須

 各アプリをインストールして起動すると、まずライセンスへの同意を求められ、同意をするとインストールが完了し、Microsoftアカウントへのサインイン画面になる。このタイミングでのサインインは必須ではないが、アカウントを登録しないとファイルの作成や編集ができず、ローカルファイルの表示しかできないため、アカウントの登録は必須だろう。いずれかのアプリでアカウントを設定しておけば、他のアプリは自動的にサインインされる。それが終わると、アプリが起動する。

プレビュー版の使用条件。日本語がきちんと用意されている説明画面もきちんと日本語
サインイン画面。後からでもサインインはできるが、Microsoftアカウントがないと、編集できない

「Dropbox」との連動もサポート

 アプリを起動すると、最初にDropboxアカウントを追加する画面が表示される。直接Dropboxのデータを編集したり保存したりできる。

Dropboxのアカウントを登録することも可能

 起動画面は、Windows用のOfficeでもおなじみのファイル作成画面。左ペインには「最近使ったもの」として履歴が表示され、右ペインには「新規」としてテンプレートが並んでいる。これはプレビュー版であるためなのか、ちょっと用語の統一がなされていない(WindowsのWord 2013だと「最近使ったファイル」)。タブレット向けで用語を変えているのか、Windows用の用語を変更するのかは分からない。

起動時の画面。OneDriveの「最近使ったもの」がそのまま表示される

 いずれにしても、初めて起動した場合は「白紙の文書」(Word)、「白紙のブック」(Excel)を選んで新規作成するか、テンプレートを活用するか、既存ファイルを開くということになる。既存のファイルは、OneDriveやDropboxに保存したファイルを開けるほか、端末内のファイルを開くことも可能だ。

ファイルを開く画面。OneDriveやDropboxからファイルをダウンロードできるほか、端末内のファイルを表示することも可能

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン