このページの本文へ

ここが変わったWindows 10第59回

実際に撮影した写真をもとに作成

Windows 10公式壁紙は「Hero Desktop Image」に!?

2015年07月01日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月17日、Windows公式ブログ上で開発中の次期OS「Windows 10」の販売開始時期を2015年夏とし、世界190ヵ国・111言語でリリースすると発表し、6月1日、ついに公式ブログ上で「7月29日」からアップグレード開始と公表された。Windows 8.1の後継OSとして、いろいろな機能のブラッシュアップが行われている。

 この連載ではプレビュー版の「Windows 10 Insider Preview」を利用し、Windows 10の新機能の紹介、解説をする。

Windows 10搭載PCに表示されているこの画像が、正式壁紙か?

 Windowsの標準の壁紙が何になるのかは興味のあるところだろう。XPといえば、草原の画像。Vistaは幻想的で、7ベータは熱帯魚のベタの画像。7は原点回帰でウィンドウマークがモチーフになり、8は白い花(ペラペラヨメナ)となった。8.1はあまり面白味のないイエローベースの幾何学模様となっている。

 Windows 10はどうなるのだろうか? 青い幾何学模様の画像だったり、雪山の写真も見かけられるが、最有力候補がウィンドウから光が漏れているような画像。この画像には「Hero Desktop Image」と名前が付けられているうえ、Windows 10搭載PCの紹介にも使われている。シンプルな図柄だが、実はこれ実際に撮影した写真がもとになっている。

 マイクロソフトはYoutubeにメイキング動画「Windows 10 Hero Desktop Image | Behind the Scenes」をアップロードしている。芸術に何か言うのも野暮とは言え、コストパフォーマンスが心配になるほどのパワーをかけているのがわかる。

 ネーミングに加えて、わざわざメイキングまで公開しているということで、「Hero Desktop Image」が正式壁紙になる可能性は高いと睨んでいる。さて、どうなるだろうか?


 メイキング動画「Windows 10 Hero Desktop Image | Behind the Scenes」ではたくさんの人たちが撮影に関わっているのがわかる


 いろいろな機材と技術で幻想的にウィンドウをライトアップしている


 動画から切り出した画像。雰囲気が伝わるだろうか?

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン