このページの本文へ

ここが変わったWindows 10 第62回

「Windows 10 Insider Preview(IP)」を事前にインストールすべし

発売日に、Windows 10を手に入れるためのワザ

2015年07月08日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月17日、Windows公式ブログ上で開発中の次期OS「Windows 10」の販売開始時期を2015年夏とし、世界190ヵ国・111言語でリリースすると発表し、6月1日、ついに公式ブログ上で「7月29日」からアップグレード開始と公表された。Windows 8.1の後継OSとして、いろいろな機能のブラッシュアップが行われている。

 この連載ではプレビュー版の「Windows 10 Insider Preview」を利用し、Windows 10の新機能の紹介、解説をする。

Windows 10に対応するWindows 8.1 パソコンにはこのステッカーが貼られるので、安心して購入できる

 マイクロソフトは7月2日のブログで、Windows 10のリリースについて言及した。まず、7月29日にWindows 10にアップグレードできるのは、Windowsインサイダープログラムに参加している500万人のユーザーを優先するとのこと。無料アップグレードの対象となるWindows 7/8.1ユーザーは、まずPCのシステムを検証し、問題ないようであればWindows 10のアップグレードファイルをダウンロードし、その後メッセージが出るという。

 もし、いち早くWindows 10の製品版を利用したいなら、あらかじめ「Windows 10 Insider Preview(IP)」をインストールしておこう。Windows 7/8.1ユーザーの場合、アップグレードしておけば、Windows 10 IPをアクティベートして製品版にすることもできる。

 マイクロソフトのサイトからダウンロードできるISOファイルのビルドは10130で、10159にアップグレードする際に不具合があった。しかし、現在最新のビルド10162は10130からでもアップグレードできるので問題なし。


 Windows 7/8.1を搭載するPCで、アップグレードの準備が完了すると画面のようなメッセージが出る


 Windows 10 IPを導入しておけば、発売日に製品版を利用できるハズ!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン