このページの本文へ

ここが変わったWindows 10第81回

製品版のビルド10240が登場してから初アップデート

Windows 10、新「ビルド10525」がリリースされた!

2015年08月23日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10、待望のリリース日がやってきた。Windows 8.1の後継OSとして、いろいろな機能のブラッシュアップが行われている。Windows Insider Programに参加していたユーザーは待ち遠しいところ。

 この連載では、多くの人が使うことになるWindows 10の新機能を紹介、解説をする。

ビルド10525がリリースされた!

 8月19日にWindows 10 Insider Programで、新しいビルド10525がリリースされた。製品版のビルド10240が登場してから、初めてのアップデートだ。「Fast Ring」のユーザーにのみ配信され、まだISOファイルは公開されていない。「Slow Ring」として公開されたときに一緒に登場するだろう。

 スタートメニューやアクションセンター、タスクバー、タイトルバーで、選択できる色のバリエーションが増えた。「設定」の「パーソナル設定」→「色」から選択できる。

 また、メモリマネージャも改良されている。「compression store」と呼ばれる機能で、メモリが足りなくなった時に、動作中のプロセスを圧縮し、空き容量を増やしてくれるのが特徴。その分、HDDなどの遅いストレージにアクセスしなくて済むので、パフォーマンスを維持することができる。

 ちなみに、すでにこのビルドでの不具合も公開されている。モバイルホットスポット機能が使えなかったり、ストアから映画やTVなどを購入しても正常に再生できない可能性がある。オプションの言語パックも今のところ利用できないようだ。


 豊富なカラーを選択できる


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン