このページの本文へ

ミラクル・リナックスと日本BEAがWebアプリケーションサーバ拡販で提携

2002年04月12日 03時04分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミラクル・リナックス(株)と日本BEAシステムズ(株)は、Webアプリケーションサーバ拡販を目指して提携することを発表した。

日本BEAシステムズ(株)は、MIRACLE LINUX V2.0に対応したアプリケーションサーバ製品『BEA WebLogic Server 6.1J』および『BEA WebLogic Express 6.1J』などを開発、販売している。これらの製品は、日本電気(株)のPCサーバにバンドルされるなどして出荷されている。

両社の具体的な提携内容は以下のとおり。

  • 日本電気(株)が販売している、『BEA WebLogic Express on MIRACLE LINUX スタータセット』の拡販協力
  • 両社の製品連携のための技術情報の提供
  • 新規ユーザーを開拓するための顧客へのソリューション提案
  • 両社が主催するソリューションセミナーなどの開催

今回の協業を通じて、両社はLinuxとBEA WebLogicシリーズを組み合わせたシステムを普及させることにより国内のLinux市場拡大を目指すという。

カテゴリートップへ

ピックアップ