このページの本文へ

スリーアールソフトとミラクル・リナックス、メッセージングサーバ市場で提携

2001年04月10日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スリーアールソフト(株)とミラクル・リナックス(株)は、メッセージングサーバ市場の開拓に向けて業務提携したと発表した。

今回の提携により、スリーアールソフト(株)は、メールサーバソフト「@MESSAGE-MailStudio」をはじめとする製品の主力OSとしてMiracle Linuxをサポートし、小規模から大規模のユーザーに対するコンサルティングサービスを行なう。また同時に、日本オラクル(株)のRDBMSへの連携もサポートする。

「@MESSAGE-MailStudio」は、ファイル管理やメール検索などの機能をサーバ側から提供する製品で、Webメール、スケジューラ、掲示板などのコミュニケーションツールを標準で搭載している。

「@MESSAGE-MailStudio」
「@MESSAGE-MailStudio」ログイン画面

また、SSL、アンチウイルス、PKI対応暗号化メールや、モバイル、マルチドメインなどのツールをモジュールで提供する。スリーアールソフト(株)は、同市場をターゲットにしたSI事業などを展開するベンチャー企業。

カテゴリートップへ

ピックアップ