このページの本文へ

NRIデータサービスのシステム管理ツール『千手ファミリー』がMIRACLE LINUXをサポート

2002年06月01日 21時51分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミラクル・リナックス(株)とNRIデータサービス(株)は、Linux分野の製品について共同で動作検証やマーケティング活動を行なうと発表した。これにより、NRIデータサービスが開発しているシステム管理ツール『千手ファミリー』の管理対象に『MIRACLE LINUX Standard Edition V2.0』が追加されることが発表された。

『千手ファミリー』は、ネットワーク経由でシステム監視を行なう製品群。これまではWindows版、UNIX版の製品のみが提供されていたが、Linuxが基幹システムと連携した領域で使用されるケースが増えてきたため、今回Orecleとの親和性が高いMIRACLE LINUXシリーズへの対応が図られた。

今後、NRIデータサービスでは、MIRACLE LINUXシリーズを管理サーバとして使用可能にするほか、Oracleとの親和性を高めるとしており、ミラクル・リナックスと共同での動作検証やマーケティングを行なうとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ