このページの本文へ

ターボリナックス ジャパンと日本SGIがIA-64やハイエンド分野を中心に包括提携

2001年02月27日 22時48分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本SGI(株)と、ターボリナックス ジャパン(株)は、Linux分野での開発、サポート、販売・マーケティングにおいて、ハイエンド分野/IA-64分野を中心とした包括的な提携を結んだ。

今回の提携第一弾の活動として、ターボリナックス ジャパンのハードウェア認定プログラムである「Turbolinux Tested Program」において、

  • SGI 1450 Server
  • SGI 1200 Server

の2サーバ機を認定(さらにワークステーション3機種「Silicon Graphics 230/330/550」も認定中)。日本SGIはこれらの製品にTurbolinuxを搭載し、ハイエンド市場に対して積極的に販売していく。さらにターボリナックス ジャパンは日本SGIに対してサポートを行なう。

今回の包括的な提携以前にも、昨年8月にSGIのコンパイラ「SGI Pro64」をターボリナックスのIA-64対応Linuxに組み込むことで契約を締結している。

カテゴリートップへ

ピックアップ