このページの本文へ

SGIがItaniumプロセッサベースのクラスタリングデモを公開

1999年11月26日 22時31分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米SGIは、米Oregon州Portlandで開催されたSupercomputing '99 Conferenceで、Intel Itaniumプロセッサベースのクラスタリングのデモを公開した。SGIによると、このデモに使われたソフトはすべて、オープンソースのもので構成されている、という。

 デモの内容は、Project Trillianによりポーティングされた64bitのLinuxカーネルを、Itaniumプロセッサマシン上で動作させ、汎用シミュレーションツールキットの1つであり、ブラックホールの衝突計算に使われるCactusをクラスタリングにより実行、結果をIA-32ノード上で動作する数値解析表示ソフトAmiraにより表示する、というもの。

 SGIは、「IA-64プラットフォーム上のオープンソースソリューションが、より高速かつ経済的で、広く利用されるテクニカルコンピューティングソリューションの到来を促進する」、とした。

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!