このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

古田雄介の“顔の見えるインターネット” 第15回

ニコニコ動画の無断転載に「ありがとう」──「魔理沙は~」「ウサテイ」のFlash作者が語る本音

2008年01月07日 09時00分更新

文● 古田雄介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

目指すはインタラクティブ

 

── 以前、弊誌でニコニコ動画のひろゆきさんにインタビューしたとき、「昔のFlash職人が今の動画職人になっているのでは」と予測していました(関連記事)。カギさんは動画編集の方向には行かないんですか?

カギ 動画編集ソフトは持っていますが、僕のパソコンでは重くて起動できないんです(笑)。ただ、やっぱり、僕の場合はFlashが一番コンテンツを作りやすいです。

 Flashは、すごく感覚的に絵が描けるんですよ。アニメーションも簡単に指定と修正ができる。絵も動きもワンストップで全部作れてしまうというのが、魅力じゃないかと思います。

 

── では、Flash制作者として、今後やってみたいコンテンツはありますか?

カギ ユーザー側の操作が反映されるインタラクティブFlashを作りたいですね。

 昔、Flashは動画を見せるのに良いツールでしたが、最近は逆にFlashだとロードが遅くて見てくれない。動画のストリーミングが全盛の今、Flashが生き残るにはその特性を活かすしかないと考えています。そこでFlashの特性を考えてみたら、インタラクティブな部分だったわけです。

 

── 「ウサテイ」はユーザーの再生回数を記憶して、映像を変える仕掛けを導入していますよね。あれも、目指している方向に進んだ結果というわけですか。

カギ まあ、そうです。一旦完成したあと、ニコニコ動画だけじゃなくて、Flashが置いてあるイオシスのサイトに誘導する仕組みが欲しいと思って作りました。効果はかなりあったみたいです。

 

── では、今後も面白い仕掛けが増えてくると。

カギ そうです。ニコニコ動画もいいけですけど、元のFlashをもっと見てもらえるようになるといいですね。

 
古田さん

筆者紹介──古田雄介

 

 建設現場と葬儀業を経てデジタル&サブカルライターに転身。足で稼ぐ記事をモットーに、モバイルガジェットを片手に街を徘徊中。現在、自ブログ「古田雄介のブログ」では皆さんのお勧めサイトを募集中! 1名の方が書き込んでくれて幸せを感じてます。

 

*次回は1月21日掲載予定

 

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン