このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

全農連PとAliced Twilightzを、こってりインタビューしてみた

ただのニコ厨がCDを発売──ニコニコ動画発「IKZO」秘話

2008年11月08日 12時00分更新

文● 広田稔/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
俺ら東京さ行ぐだ
「俺ら東京さ行ぐだ」

 動画共有サービス「ニコニコ動画」では今年の4月頃から、吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」をモチーフにした「IKZO」ブームが巻き起こった。ASCII.jpでも過去にその模様をお伝えしたように、吉幾三本人が「降臨」して、着うたやショートボイスをケータイ向けに配信するという盛り上がりを見せた。

 そこから3ヵ月ほど経った今月19日、IKZOブームの集大成であるマキシシングル「IKZO CHANNEL 441.93」が世の中に放たれる(Amazon.co.jp)。

 今回、このシングルの2曲目「ITAKO GIRL」(イタコガール)を手掛けたニコニコアーティスト、全農連PAliced Twilightz(アリスドトワイライツ)にインタビューを敢行。CDの仕掛け人であるドワンゴの齋藤光二氏も交えて、IKZOブームや曲作りの裏側を聞いた。

【追記】20日に開かれたIKZOインストアライブの様子を「吉幾三、ついに光臨!! ニコ動発「IKZO」ライブが実現」にまとめました。

※以下、インタビューの雰囲気を生かすため、文中の「(笑)」を「w」に変えた。

IKZO CHANNEL 441.93 徳間ジャパンから出る「IKZO CHANNEL 441.93」。全農連P、Aliced Twilightz以外に、「らっぷびと」「みくすびと」というニコニコ動画で有名なアーティストも参加している

全農連P

 IKZOブームは、「俺ら東京さ行ぐだ」とPerfumeの「ポリリズム」をマッシュアップした「ポリ幾三」から火が付いた。この動画を投稿した人物こそ全農連Pだ(「P」はプロデューサーを意味する略称)。

 全農連Pは「ポリ幾三」以後も自然なIKZOマッシュアップを生み出し、一部のファンからは「安心の全農連ブランド」とリスペクトを集めている。今回のITAKO GIRLでは、「あ、ヨイショ」「そうしましょ、そうしましょ」といったIKZOの間の手を入れる作業を担当した。



Aliced Twilightz

 「BGMが妙にクセになる!」と、ニコニコ動画で一世を風靡した愛すべき伝説のクソゲー「チーターマン」。そのBGMをヒントにオシャレポップ風に仕上げた「チーターガール」を作ったのが、Aliced Twilightzだ。

 Aliced Twilightzは、ボーカル・歌詞の「Linco」さんと、演奏・作曲の「KTG」氏(通称、チーターガールP)の二人組で、ニコニコ動画以外にアマチュアアーティストとしても活動している。ITAKO GIRLでは、IKZOの間の手を入れる前の作詞/作曲/演奏を担当した。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン