このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

45度の坂も登れるドヤ顔すぎる「デリカD:5」はミニバンを超えたミニバンだ!

2019年04月13日 15時00分更新

文● 栗原祥光 撮影●栗原祥光

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 自動車のイベントに行くと、四輪駆動車が45度の坂を登坂するデモンストレーションをしている企業がある。そう、三菱自動車だ。一般生活において45度の急坂を登ることはないものの、筆者はその姿を見る度に感心している。

モータースポーツジャパン 2019で行なわれた三菱自動車の体験型デモンストレーション

 そのデモンストレーションを見る度に、筆者はミニバンである「デリカD:5」が45度の坂を登坂する姿に驚くとともに、はたしてミニバンにそのような機能は必要なのか? という疑問も感じていた。そしてデリカD:5に対する関心は、この写真を見る度に増していった。いったいどんな車なのかと。この春、デリカD:5がビッグマイナーチェンジをしたので、さっそく試乗して、その正体を探ってきた。

日本で独自の進化を遂げた
ミニバンというジャンル

 家族や大切な仲間と移動するのに便利なミニバンであるが、実は日本独自のジャンルで、他社も含めてほとんどが国内専売車種である。軽自動車と共にガラパゴス的進化を遂げたジャンルで、日本で使うためにピッタリの大きさ・使い勝手として、攻めた設計ができる。ミニバンは各社から登場している売れ線のジャンルなわけだが、その中でも三菱自動車のデリカD:5はかなり異質な存在に見える。歴代モデルを見ると、どうしてもSUVというか、クロカンのテイストが強いからだ。

デリカD:5 アーバンギア
デリカD:5

 今回ビッグマイナーチェンジしたデリカD:5は、ディーゼルエンジン搭載モデル。ガソリンエンジン搭載車は現状維持だ。その中で話題なのが、強烈な個性を放つフロントマスク。写真の白いモデル「アーバンギア」グレードは「深剃り4枚刃」、チャコールグレーの「標準」モデルも「電気シェーバー」とネットで揶揄されている。

 その対象となっている「ダイナミックシールド」であるが、最初写真で見た時はあまりの変貌ぶりにギョッとしたものの、実物を見るとかなりイケている。逆に撮影した写真を見て「ここまでかっこ悪くないんだけど」と自分の撮影技量のなさに申し訳なくなるほどだ。

 もっとも、最近の自動車業界の傾向として、どれも大胆な顔つきになってきているので、しばらくすれば見慣れることだろう。ちなみに、このダイナミックシールドだが、今後登場する同社のモデルにも採用される予定だ。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ