このページの本文へ

東北地方太平洋沖地震&計画停電のまとめ 第5回

NTT東日本とUQ WiMAX、計画停電による通信への影響発表

2011年03月14日 02時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 既報のとおり、東京電力が計画停電(輪番停電)を発表した。これを受けて、NTT東日本とUQコミュニケーションズが通信サービスへの影響を発表した。

NTT東日本

 NTT東日本は、計画停電により想定される電話/インターネット接続サービスへの影響として、以下に挙げるサービスの発着信が行なえなくなると発表している。

  • 電話系サービス:ひかり電話/ISDN/加入電話(商用電源を利用している電話機の場合)
  • インターネット系サービス:フレッツ光/フレッツADSL/フレッツISDN
  • ビジネス系サービス:ビジネスイーサ/フレッツVPN/PBX(構内交換機)、ビジネスホン(事業所用電話機)

 なお、給電再開後に通信できない場合は、通信機器の電源の抜き差しを試すこと、PBX/ビジネスホンは停電前に電源を切り、給電開始後に電源を再投入すること(装置内保有のバッテリーが枯渇して放電状態となり、再度電源を投入しても起動しない恐れがある)を推奨している。

UQコミュニケーションズ

 またUQコミュニケーションズは、計画停電実施によってUQ WiMAX通信サービスがつながりにくくなる場合があると発表した。

  • 日時:2011年3月14日6:20以降
  • 対象:東京電力株式会社の計画停電実施エリア


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン