このページの本文へ

東北地方太平洋沖地震&計画停電のまとめ 第23回

東北電力は16、17日の計画停電を中止

東京電力に続いて東北電力も16日から計画停電を実施(再更新)

2011年03月15日 21時20分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東北電力は15日、東北地方太平洋沖地震による発電・給電能力低下に対応するため、東北地方でも16日から3日間、計画停電を実施すると発表した。なお、災害復旧を優先するため、被災地は計画停電の対象外となる。

東北電力16日および17日に予定されていた計画停電を中止すると発表しました。降水による水力発電の供給力増加と、震災による需要の低下と産業用大口需要の積極的節電効果などが理由としている。(2011年3月16日)

 東北電力の計画停電は、管内を8つのグループに分け、午前9時から12時まで、午後5時から8時までの3時間を順番に電力供給を停止するもの。まず16日から18日の3日間実施し、それ以降は電力の需給状況を見て判断するという。

 グループ分けについては東北電力の公式サイト(PDF)をご確認いただきたい。

東北電力の計画停電(16日から18日)

  • 第1、第2グループ:16日 9:00~12:00および18日 9:00~12:00
  • 第3、第4グループ:16日 17:00~20:00および18日 17:00~20:00
  • 第5、第6グループ:17日 9:00~12:00
  • 第7、第8グループ:17日 17:00~20:00

東京電力の首都圏計画停電(16日)

 一方、東京電力の首都圏計画停電は、15日はほぼ予定どおりの時間帯に実施された(ただし停電しなかった地域もある)。16日以降も継続して実施される予定。

  • 第4グループ 6:20~10:00
  • 第5グループ 9:20~13:00
  • 第1グループ 12:20~16:00
  • 第4グループ 13:50~17:30
  • 第2グループ 15:20~19:00
  • 第5グループ 16:50~20:30
  • 第3グループ 18:20~22:00

 停電の前にはドライヤーやアイロンなど加熱機器のスイッチを切り、コンセントを外す(通電復帰後の火災を防ぐため)。停電時間帯にはエレベーターを利用しない(閉じ込め事故の防止)。さらに、停電時間中に電源の必要な医療危機、冷蔵庫の生鮮食品の管理や、サーバーなどの事前停止などにご注意いただきたい。

 17日(木)から21日(月)までの計画停電の予定についても、同社ウェブサイト(PDF)で公開されている。

 また経済産業省および東京電力は、不要不急な電気機器についてはコンセントを抜くなどの節電を呼びかけている。

16日、および17日~21日の計画停電予定に関する記述、リンクなどを追加しました。(2011年3月15日)


カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ