このページの本文へ

東北地方太平洋沖地震&計画停電のまとめ 第75回

Endpoint Security and Data Protectionなどが対象に

ソフォス、エンドポイントセキュリティ製品を1年無償提供

2011年04月14日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月13日、ソフォスは、東日本大震災の被災地の企業・組織にエンドポイントセキュリティ製品を1年間無償提供すると発表した。

申請書をFAXで送信する

 対象組織は、「厚生労働省の災害救助法が適用される市町村の企業及び組織(東京都を除く)」。対象となる製品は、以下の通り。

Endpoint Security and Data Protection
統合型エンドポイント・セキュリティおよび暗号化製品。マルウェア対策(Windows、Mac、Linux、UNIX)、クライアントファイアウォール、アプリケーション制御、デバイス制御、NAC機能、フルディスク暗号化機能、ファイル暗号化機能が含まれる
Endpoint Security and Control
統合型エンドポイント・セキュリティ製品。マルウェア対策(Windows、Mac、Linux、UNIX)、クライアントファイアウォール、アプリケーション制御、デバイス制御、NAC機能が含まれる
Sophos Anti-Virus for Server License
企業、組織内で利用するサーバー(Windows、Mac、Linux、UNIX)のマルウェア対策

 申込期間は2012年3月31日申し込み分までで、ソフォスのWebサイトより申請書をダウンロードし、Faxにて申し込む。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ