このページの本文へ

東北地方太平洋沖地震&計画停電のまとめ 第57回

GoToMyPC、GoToMeetingなどを特設サイトから申し込み!

シトリックス、WindowsやMacの遠隔操作サービスを1年間無償提供

2011年03月30日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月29日、シトリックス・システムズ・ジャパンは東北地方太平洋沖地震における支援と取組みの一環として、WindowsとMac OS X、iPadに対応するリモート操作サービスなど3サービスを1年間無償で提供すると発表した。

PCをリモート操作できる「GoToMyPC」

 3サービスのユーザーインターフェイス等は英語だが、日本語OS環境でも利用できるという。英語ながらサポートページも用意されている。もともと30日間は無償試用が可能だが、下記のWebサイトを通じて2011年4月30日までに利用登録すると、1年間無償で利用できる。

http://www.citrix.co.jp/company/disasterrelief/gotooffer.html

 1つ目のサービスである「GoToMyPC」は、遠隔地にあるWindows PCやMacintoshを、手元のPCやMac、iPadから操作するもの。ファイルの閲覧やアプリケーション操作などが行なえる。通常時の価格は、月額9.95ドル。

 2つ目の「GoToMeeting」は、資料をPCとMac、iPad上で共有するサービス。オンライン会議での利用などを想定しており、最大15名まで利用できる。こちらの通常価格は月額49ドル。

 3つ目の「GoToAssist Express」は、ネットワーク経由で遠隔地のPCやMacにアクセスし、診断や障害の対応、サポートを行なえるサービス。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ