このページの本文へ

東北地方太平洋沖地震&計画停電のまとめ 第60回

在宅勤務支援策として企業向けソフトフォンを提供

アバイア、テレワーク支援にone-X Communicatorを無償提供

2011年03月31日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月30日、日本アバイアは、東日本大震災に起因した、計画停電および交通機関の運行制限のため、会社に出社できない場合の在宅勤務(テレワーク)支援策として、本年6月末まで企業向けソフトフォン「Avaya one-X Communicator」を無償提供すると発表した。

企業向けソフトフォン「Avaya one-X Communicator」を無償提供

 Avaya one-X Communicatorは、PC上からオフィスの電話の受発信できるほか、最大6人までの会議通話への参加などができるソフトウェア。これにより、海外との通話等もインターネットやVPNなどのネットワーク経由で会社のPBXを通して可能となり、コストを抑え、場所を選ばない業務環境が可能になるという。

 申込みは、日本アバイア営業部および同社ビジネスパートナーを通じて受け付ける。また、利用にあたって設定作業などの支援が必要となる場合にはチャネルパートナーを紹介する。なお、設定作業は有償となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ