このページの本文へ

おもしろスゴイがスグ買える IoT最前線 ― 第8回

大人のオトコが、オトコらしくあるために必要なIoTが集結

2016年09月23日 17時00分更新

文● 近藤正充(+Style事業責任者)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクが展開する、IoT商品が企画/購入できるサービス「+Style(プラススタイル)」の事業責任者をしている近藤です。連載8回目です。引き続きよろしくお願いします。+Styleの最新情報はFacebookページでお知らせしています。「+Style Facebookページ」にぜひ“いいね!”をくださいませ。

 9月20日より25日(日)まで、伊勢丹新宿店で「TOKYO MEN'S FES 2016」が開催されています。『男である100の幸福。』と題して、ファッションからコスメ等のモノやコトが一同に介したイベントです。+Styleからも、男心をくすぐる商品を展示しています。出展場所は、「本館6階 催物場」です。ぜひ足を運んでみてください。

伊勢丹新宿店に展示してある+Styleの商品のオトコ度合いを解説しましょう

 さて、その「TOKYO MEN'S FES 2016」で展示している+Styleで取り扱っている商品は、8つ。各商品がどれだけオトコマエなのか、をオトコ目線で解説します。

 まずは「マイクロボットプッシュ」。これは、ボタン形状になっているものをスマホを使って物理的に押せるというIoT商品。自宅の室内灯のスイッチや、パソコン、コーヒーメーカー等に設置しておけば、スマートにスイッチをON/OFFできちゃいます。これを給湯器の「お風呂自動」のボタンに設置してしまえば、いつでもどこにいても自宅のお風呂が沸かせます。これなら、パートナーがいなくても、自宅帰って即お風呂。どうです、オトコでしょ。

 次に「Meet CHiP」。これは、まるでホンモノの子犬のように、飼い主の好みを理解したり、声の指示にも従ったり、ボールで楽しく遊べたりするIoTロボットドッグです。スマホを使って餌をあげたりもできます。初期設定では”CHiP(チップ)”という名前ですが、飼い主が好きな名前に変更可能。例えば、言うことを聞いてくれない彼女の名前に変更して、従順に操作しうっぷんを晴らす、というのも、なんともオトコらしいですね。決して別れたカノジョの名前にして、寂しさを紛らわすような使い方はやめてください。

 年齢と共に変化してくる体型。それを効率よく維持するためのサポートツールとして、フィットネスIoTの「Move It」があります。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!