このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第185回

アバルト 595のノーマルとオートバックスのデモカー595を乗り比べ

2022年01月01日 12時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●新 唯(@arata_yui_)編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

A PIT AUTOBACS SHINONOMEがアバルト595をチューン!

 我らASCII.jp自動車部が大好きな「5ナンバーサイズのホットハッチ」。ですが、その数は少なくなり寂しい限りです。その中でアバルト 595は左ハンドルのMT設定まである硬派な1台で要注目の存在で、ASCII.jpでは過去2回、このクルマをご紹介しました。で、同じようにアバルト 595に熱い視線を送られているショップがあるとのこと。その名はオートバックスのフラグシップストア「A PIT AUTOBACS SHINONOME」(以下、A PITオートバックス東雲)です。なんとデモカーを作ってしまったというので、以前アバルト 595のスタンダード仕様を試乗した、MT大好きショートカット美女である新 唯(あらた・ゆい)さんが試乗してきました。

アバルトのカスタムショップまでオープン

クルマを挟んで、新さん(左)とカーライフアドバイザーの森田さん(右)

 そもそも、なぜA PITオートバックス東雲がアバルト 595に注目するようになったのでしょう? 同店のカーライフアドバイザーである森田さんにお話を伺いました。

モーニングミーティングに集まったアバルトオーナーたち

 「A PITオートバックス東雲では、毎月第3日曜日の朝にテーマを決めたオフ会“モーニングミーティング”を開催しています。以前、アバルトをテーマに実施したところ、過去最高といってもよいほど多くの方が集まられたんですよ。その時、オーナー様からアバルトの魅力や悩みを伺いました」

10月1日に店舗内にオープンしたアバルトのカスタムショップ「La Buono コンシュルジュ TOKYO BAY」

「La Buono コンシュルジュ TOKYO BAY」内のアバルトパーツを見る唯さん

 それを受けて社内で検討した結果「アバルトに力を入れよう」ということになり、10月1日に店舗内にアバルトのカスタムショップ「La Buono コンシュルジュ TOKYO BAY」をオープンする運びとなったと言います。

A PIT オートバックス東雲店内のHKSコーナー

アバルト用カスタマイズパーツを見る唯さん

HKSからリリースされているアバルト 595用カスタマイズパーツ

ほかにも店内にはアバルト 595用パーツが展示されている

 さらに店内の他エリアにもアバルト 595の関連パーツが厳選して展示され、ショップ全体としてアバルト 595チューンを推していることが伝わってきます。

A PIT AUTOBACS SHINONOMEが手がけたアバルト 595

 「併せてデモカーも作ろうということになりまして、9月頃にアバルト 595の最上位であるコンペティツォーネを導入しました。コンセプトとしては、普段使いとサーキット走行の両方が楽しめるクルマです」。さらに森田さんによると、アバルト 595は都心部でのオーナーが多いそうで、東雲という立地的にも好適な素材なのだとか。

アバルト 595(スタンダード仕様)

アバルト 595 コンペティツォーネ。フロントグリルの加飾やドアミラーカバーがスタンダード仕様とは異なる

 ここで疑問なのが、なぜカスタマイズ車両としてアバルト 595のスタンダード仕様ではなく、最上位のコンペティツォーネを選んだのか、ということ。コンペティツォーネは既にスポーツショックを備えているほか、レコードモンツァマフラーをはじめとしてチューンアップパーツが搭載されている1台。ベーシック仕様と比べて40馬力もアップされた、まさにコンペティツォーネ(競技)という名に恥じぬファクトリーチューニングカーなのです。そんなクルマをイジる人はいるのでしょうか? どうせイジるなら、最も安価なスタンダード仕様なのでは? と思うのですが……。

アバルト 595 コンペティツォーネ

 「いいえ逆です。これはほかの車種でもいえることですが、クルマに手を入れられる方は、最初からスポーツグレードを購入されます。ですから私たちもコンペティツォーネをベース車に選びました。それにスタンダード仕様から、このデモカーと同じ仕様にするより、コンペティツォーネからした方が安上がりだと思います」とのこと。それではA PITオートバックス東雲が手がけたアバルト 595をご紹介しましょう。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ