このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

新車を買った情報2021 第88回

愛のムカ着火ファイヤー

2021年11月20日 12時00分更新

文● 四本淑三 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回は写真の隅にすらロードスターは出てまいりません。なぜなら車検整備に出したから。

 あと2年は乗るぞ! おー!

 3年前に新車を買った情報2021、私は四本淑三です。今回の話題の中心と致しますのは、ガソリンバーナー。コンパクトながら強い火力を持った、新富士バーナー「SOTO SOD-371 MUKAストープ」であります。

 燃料はホワイトガソリンとレギュラーガソリン。製品名の「MUKA」の由来は、そうした液体燃料を「霧化」して燃やすから。ガスバーナーのような圧電着火装置はありませんから、別途チャッカマンのようなものが必要です。

 つまり霧化したガソリンに、着火するわけですから、これぞまさしく、

 ムカ着火ファイヤーーーーーー!!!!!!

 何故アウトドア業界でそう呼ばれていないのか、私は不思議でなりません。これはもうツインバスのオケを背負った寺田恵子様に叫んでいただきたいくらいのものでありまして、ムカに着火するたび、私の脳内では、このような雄叫びがこだましているのであります。

 最大火力は4000kcal。並みの家庭用ガスコンロを超える大火力。普段私が愛用している岩谷さんのマイクロキャンプストーブの倍。そんな火力を一体どこで使うのか。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ