このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第89回

ペーパードライバーに最適な1台を探せ!

日本一売れている理由を知るために、運転初心者・寺坂ユミがHonda「N-BOX Custom」と「eKクロス スペース」に試乗

2021年03月07日 12時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●寺坂ユミ(@129Ym_afilia) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

打倒N-BOX!
三菱自動車「eKクロス スペース」

 N-BOX Customを堪能して頂いた後、N-BOXを研究して開発(と、商品企画担当者が申していました)、2019年に三菱自動車からデビューしたeKクロス スペースを触れてもらいましょう!

三菱自動車/eKクロス スペース

 まずは運転席をチェックします。

eKクロス スペースのドライバーズシートに座るゆみちぃ部長

eKクロス スペースの車内

eKクロス スペースのステアリングホイール。ステム右側には、同社としては初の自動運転レベル2相当の運転支援MI-PILOT機能の操作ボタンが置かれる

eKクロス スペースの室内

このステッチが可愛い! とゆみちぃ部長

 写真の室内はオプション設定なのですが、ゆみちぃ部長は「ブラウンのレザーにオレンジのステッチがとても可愛い」とお気に入り登録されたご様子。さらにお気に入り登録となったのが、収納の多さ。

助手席の足元にシューズケースが!しかもこのシューズケースは後席側へも移動できます

助手席の収納を全て引き出した様子。あらゆる場所に収納があるといった様相だ

 「色々な場所に収納がありますね。凄い!」と感嘆の声を挙げるゆみちぃ部長。さらに「助手席の下にシューズケースがあるんですね。ヒールを履く人にはいいかも!」と太鼓判の◎。

eK クロス・スペースの天井に設けられたサーキュレーター

 天井を見上げたら、エアコンの送風口らしきものを発見。これはサーキュレーターなのですが、よく見たら「プラズマクラスターイオン」のマークが。これにはゆみちぃ部長も言葉を失っていました。

後席にはテーブルも用意されていた

 後席も広く、床面はフラットな点もN-BOXと同様。こちらにもドリンクホルダー付きのテーブルが用意されています。「そういえば普通の乗用車って、こういう装備がないですよね。すごく充実していますね」と、ゆみちぃ部長は感心されているご様子。ちなみにN-BOXのように後席の座面を上げることはできません。

eKクロス スペースのラゲッジスペース

後席を倒してラゲッジスペースに座るゆみちぃ部長

 ラゲッジスペースはN-BOXと同様、後席が前後に移動可能で、容量も十分。倒せばフラットになる点も同じです。「ここら辺は似ていますね。それにしても両車とも、狭いスペースを最大限に有効活用される工夫が凄い!」と感心しきりのゆみちぃ部長。徹底的に使い勝手を考えている、そんな印象を受けられたようです。

eKクロス スペースを走らせるゆみちぃ部長

電子式パーキングブレーキに驚くゆみちぃ部長

余裕が出てきたのか、少しドヤ顔で運転するゆみちぃ部長

 それでは走れせてみたいと思います。シフトレバーをDレンジに、そしてパーキングブレーキを解除しようと、床を踏み踏みする部長。ですが、ペダルはなくて。実はeKクロス スペースは電子サイドブレーキですので、手元で操作するのです。「指先だけで解除できるって凄いですね」と感嘆。さらにブレーキオートホールド機能もあり、完全停止後ブレーキペダルから足を離しても、ブレーキの状態を保持します。「この機能は便利だと思うのですが、運転初心者にはまだ早いかな。というのも発進する時、ちょっと多めにアクセルを踏まないといけなくて。慣れないうちは、ちょっと怖いですね」とのこと。こうしてハンドルを握って、また駐車場内をぐるぐる。長い時間、クルマの運転を楽しんでいました。

三菱eKクロス スペースとゆみちぃ部長

どちらのトールワゴンが欲しくなったのか?

 こうして2台のスーパートールワゴンの軽自動車に触れたゆみちぃ部長。「最初見た時、すごく似ているなぁと思ったんですよ。どちらも背が高くてスライドドアですし。でも、実際は結構違うんだなぁと感じました」との感想を抱かれたご様子。「どちらも収納スペースが多くて便利そう。でも、場所がそれぞれ異なっている点が面白いですね。機能面でも、電子サイドブレーキは便利ですし、座面が持ち上がる機構も面白いです」と、どちらも甲乙つけがたい模様。

ドアの下で足元を動かすだけでスライドドアが開く

 「あと、どちらのクルマも、脚を動かしただけでスライドドアが開くことに驚きました。もっと大型のクルマでは見たことがあるのですが、こういうクルマにもついているんですね」と機能の充実ぶりに感嘆。

360度モニターを使った車庫入れ

 「あと車庫入れの際に、画面が表示されるだけでなく、上から見えたり、曲がる方向の線が出てくる機能にも驚きました。実家のクルマは、後方の映像が出るだけなんですよ。これなら車庫入れもラクですね。クルマって凄く進化していることを感じました」とのこと。ちなみにゆみちぃ部長は、駐車している様子をツイートしていますので、その様子をご覧ください。

 「久しぶりにクルマに乗りましたけれど、すごく楽しかったです。また乗りたいですし、もっと運転が上手になりたいです。教習所で習ったことも忘れかけているので、ペーパードライバー教習とか受けに行こうかな」と、ゆみちぃ部長。ということで、年内に「ゆみちぃ部長のペーパードライバー教習」という記事が出したいと思いますので、お楽しみに。

 次回は、純情のアフィリアのメンバー全員が乗れてお出かけできるようなクルマに挑戦したいと思います。こちらも乞うご期待!

eKクロス スペースとN-BOX Customに大満足のゆみちぃ部長

寺坂ユミ(てらさかゆみ)プロフィール

 1月29日愛知県名古屋市生まれ。趣味は映画鑑賞。志倉千代丸と桃井はるこがプロデュースする学院型ガールズ・ボーカルユニット「純情のアフィリア」に10期生として加入。また「カードファイト!! ヴァンガード」の大規模大会におけるアシスタント「VANGIRLS」としても活躍する。運転免許取得してから上京後は一切運転していないが、最近は自動車にも興味を抱く。こだわりが強く興味を抱くとのめりこむタイプであることから、当連載でペーパードライバー脱出を目指しながら、お気に入りの1台を探す予定。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ