このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第41回

無骨なデザインと柔らかい運動性能! ダイハツ「タフト」は女子でも運転しやすい

2020年09月05日 15時00分更新

文● 矢田部明子 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ランクル女子も満足の居住性
ダイハツ「タフト」試乗レポ

 クルマ好きアラサー女子の矢田部明子です。今回は6月に販売された、ダイハツ「タフト」の試乗をしてきたのでリポートしていきます! ちなみに、私のリポーターとしてのスペックはこんな感じ↓です。

  • 毎日クルマに乗っているが、サーキット走行をするほどではない。スーパーに行くなど、街乗りとしてクルマを利用することが多い。高速道路は1ヵ月に1回乗るかどうか
  • 毎月自動車雑誌を読んでクルマについて勉強している
  • 試乗すれば、乗り味を一瞬で理解できるというほど手練れではない

 ということで、試乗しての感想は一般女子に近いと思ってください。タフトの購入を検討されている女子&隣に乗っている彼女 or 奥様がどう思うか気になるという方は、よろしければ参考にしてください。

今回試乗したタフトのスペック

サイズ:全長3395×全幅1475×全高1630mm、ホイールベース2460mm
重量:840kg
排気量:658
パワー/トルク:64PS/6400rpm/10.2kg・m/3600rpm
カラー:フォレストカーキメタリック
グレード:Gターボ CVT 2WD
ディーラーオプション:メッキパック
価格(税込):160万6000円

 まずはフロントフェイスからチェック。4本のスリットが入っている&アンダーガードが装着されていることで、タフで男らしい雰囲気になっています。個人的には、ちっちゃいクロカン四駆っぽくてgoodでした! ライトも四角く、全体的に角ばっているので無骨な感じがします。カラーバリエーションは全9色と豊富なのですが、カーキが一番クロカン四駆っぽくみえるので、矢田部的にオススメです。

フロントフェイス

こちらのカラーはレイクブルーメタリック

レイクブルーメタリックのリア

 矢田部の素敵ポイントは、フェンダーの色が黒いこと。というのも、遠くから見たときにフェンダー部分までタイヤに見えて、大きなタイヤをはいてリフトアップしたかと思ったんです(目が悪いだけ? いや、そんなはずはない)。「おおおお! タフトやりおる! オフロードも走れそうではないか!」と胸が熱くなりました。

横から見たタフト

 リアにもアンダーガードが装着されています。四角いフォルムが強調されるためか、個人的にはフロントよりもリアの方がクロカン四駆テイストが強めだと感じました。それにしても、後ろから見てもワイルドです。

アンダーガードのおかげでワイルドに見えます

大型ガラスルーフが付いているのは、タフトの大きなポイントです

実際に開けてみましたが、車内に解放感がでるので広く感じます。外が暑かったのですぐに閉めましたが、夜空を見ると綺麗なんだろうなぁと思いました(相手がいない。年齢的にも頑張らないとそろそろヤバイ……)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ