このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第299回

Comet Lake-SのポイントであるPL1設定別の挙動や性能も詳しく解説

Core i9-10900Kを筆頭に第10世代Core超徹底検証!Ryzenよりもゲームで強いって本当?

2020年05月26日 14時00分更新

文● 加藤勝明 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

モンハンアイスボーンはDX12で強みを発揮

 続いては「MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE」を試してみよう。このゲームではAPIをDirectX 11またはDirectX 12のどちらかを選択できる。画質は「最高」とし、集会エリア内の一定のコースを移動した際のフレームレートを「CapFrameX」で測定した。

「MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE」DirectX 11、1920×1080ドット時のフレームレート

「MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE」DirectX 12、1920×1080ドット時のフレームレート

 このゲームではAPIによって性能の傾向が大きく分かれた。まずDirectX 11ではRyzen勢が安定して強く、平均フレームレートも最低フレームレートにおいても現行のインテル製CPUを上回っている。DirectX 11はあまりマルチスレッド処理に配慮がされてない時代のAPIゆえに、シングルスレッド性能重視の第10世代CoreプロセッサーにはうってつけのCPUのように見えるが、実際強かったのはRyzenだった。

 また、軒並みに第10世代Coreプロセッサーが同格の第9世代Coreプロセッサーに負けているのもおもしろい。ひょっとすると、DirectX 11ではまだ十分な最適化が行なわれていない可能性が高い。

 だがDirectX 12になると傾向が逆転。今度は第9・第10世代Coreプロセッサーが大きくパフォーマンスを伸ばし、Ryzen勢よりも最低フレームレートも平均フレームレートも高くなった。つまり、ハイエンドGPU(今回はGeForce RTX 2080 Ti)のパフォーマンスを十全に生かせるようになっている。

 ちなみにDirectX 12環境でCore i5-9600Kとi7-6700Kのフレームレートが振るわないのは、単純にCPU負荷が上がり、6コア/6スレッドや4コア/8スレッドのCPUではボトルネックになってしまっているためだ。

 ここまで、DirectX 11環境では第10世代Coreプロセッサーは力を発揮できず、よりモダンなDirectX 12環境では発揮できるという傾向が浮かび上がってきたが、結論に飛びつくのはまだ早い。

FF14ベンチではCore i9-10900Kが突出して強い

 次は「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」の公式ベンチマークを使ってみよう。画質は「最高品質」に設定し、スコアーのほかにベンチマーク中のフレームレートも比較する。

「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」ベンチマーク、1920×1080ドット時のスコアー

「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」ベンチマーク、1920×1080ドット時のフレームレート

 このベンチマークは(ゲーム自体も)DirectX 11ベースで作られているが、Core i9-10900Kのスコアーとフレームレートが突出しているのがわかる。次点でCore i7-10700Kが入り、Ryzen勢と続く。ゆえに、APIがDirectX 11ではCPUの性能を生かせない、というよりもゲームタイトルごとの最適化の問題と言えるだろう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中