このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最新パーツ性能チェック 第306回

Core i9-10900Kから倍率をひとつ下げて1万円安い!10コア/20スレッドの新星

Core i9-10850Kは8/21に6.2万円で販売予定、7.2万円の10900Kと比較したらほぼ同じ性能

2020年08月19日 11時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Comet Lake-Sこと第10世代Coreプロセッサーは、発売当初こそ3モデルしか存在しなかったが、今では20製品(CeleronやPentiumを含めれば24製品)が流通している。そして、2020年8月21日午前11時より、新たなモデル「Core i9-10850K」が加わることになる。型番からわかる通り、倍率アンロック(K付き)モデルとしてはCore i9-10900Kのすぐ下となるモデルで、コア数やキャッシュまわりの仕様はCore i9-10900Kとまったく同じだが、動作クロックが100MHz引き下げられている。

 Core i9-10850Kの予想実売価格は6万2000円(税込み)で、原稿執筆時点ではCore i9-10900Kよりもジャスト1万円安い価格設定となっている。CPUはわずか100MHz下なのに1万円安は極めて大きい。クロックと価格を微妙に調整したCPUを出したと言えば、最近ではAMDのRyzen 3000XTシリーズを想起させる。しかし、Ryzen 3000XTシリーズはクロック微増で価格も微妙に上げた(価格帯リセット的な施策)だったが、Core i9-10850Kはクロックも価格も下げている点に違いがある。

 今回筆者はCore i9-10850Kのテスト用個体に触れるチャンスに恵まれた。最大5GHz超えの世界で100MHz程度クロックを調整したところで、性能差を実感できることは少なさそうだが、本当に差があるのかどうなのかは調べてみないことには始まらない。今回はざっくりとしたベンチマークにとどめ、実際のアプリでの検証は後日お届けすることにしたい。

今回入手したCore i9-10850Kは外箱は付属しておらず、CPUだけが提供された。外観はいつも通りだ

裏面も既存のLGA1200対応第10世代Coreプロセッサーと共通である

性能差はターボブースト時の1binだけ

 まずはCore i9-10850Kのスペックを確認しよう。vProやSIPP、TXTには非対応という差異はあるが、10コア/20スレッドでTDP125Wという点はCore i9-10900Kと共通しており、その存在感はかなり近しいものがある。しかし、Core i9-10850Kはベースクロックやターボブースト時のクロックがCore i9-10900Kよりも100MHzだけ低く設定されており、性能的な差はここで生まれると考えられる。

 これまで第10世代Coreプロセッサーの10コア/20スレッドモデルから選ぶ場合、実売価格7万2000円前後のCore i9-10900Kと実売価格5万7000円前後のCore i9-10900の2択だったが、後者は倍率がアンロック、かつTDPが65Wと低いためブーストがかなり早い段階で抜けてしまう(特にPL1=TDP設定にした場合は顕著)という違いがあった。だが、Core i9-10850KはTDP125WなのでCore i9-10900Kと同レベルのパワーが期待でき、かつ倍率アンロックなのでオーバークロックにも挑戦できるのが利点となる。

Core i9-10850Kとその近傍のCPUのスペック比較

「CPU-Z」でCore i9-10850Kの情報を拾ってみたところ

今回入手した個体の“優秀なコア”はCore #4とCore #5だった。CINEBENCH R20のシングルスレッドテストではどちらも50倍(5GHz)動作を目視できたが、52倍は確認できなかった。ただし、今回の検証環境(後述)ではCore i9-10900Kも53倍が確認できていない

アクティブコア数と倍率(Turbo bin)の関係は「Intel XTU」で確認できる。図はCore i9-10900KのTurbo binを確認したところ。1ないし2コアで最大53倍で動作することがわかる

こちらはCore i9-10850KのTurbo bin。上のCore i9-10900KのTurbo binと比較すると、すべて-1されていることがわかる。また、今回の検証環境ではCPUのパワーリミット設定はインテル推奨値(PL1=125Wなど)に設定されている点に注目

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中