このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

最新パーツ性能チェック 第299回

Comet Lake-SのポイントであるPL1設定別の挙動や性能も詳しく解説

Core i9-10900Kを筆頭に第10世代Core超徹底検証!Ryzenよりもゲームで強いって本当?

2020年05月26日 14時00分更新

文● 加藤勝明 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PL1設定別のCPUパッケージ温度の推移

動画エンコード時における各CPUのCPUパッケージ温度の推移

 Core i9-10900Kの場合、本格的に温度が上がり始める開始1分以降の温度を見ると、PL1=無制限ではCPUパッケージ温度が87度まで上昇したのに対し、PL1=125Wでは61度前後にとどまっている。ただし、PL1=125Wでも処理開始から30秒程度まではPL1=無制限と同じような温度上昇カーブを描いているので、温度が上がる時はしっかり上がるのだ。

 Core i7-10700KのPL1=125W設定時は65度前後で安定、Core i5-10600KのPL1=125W設定時は61度前後で安定と、TDP 125WのCPUでも280mmラジエーターの簡易水冷クーラーで十分冷やせることがわかる。逆にPL1=無制限とした場合は、Core i9-10900Kのような多コア&高クロックの上位モデルだとかなり温度が上がることになるので、360mmラジエーターの簡易水冷クーラーなどへのアップグレードを検討したくなる。

動画エンコード時における各CPUのCPU Package Powerの推移

 最後にCPU Package Powerの推移だ。Core i9-10900KのPL1=125W時は序盤に200W近くまで上がるが、開始1分弱で125Wに落ち込み、処理終了まで維持される。PL1=無制限にするとCPU Package Powerは210W前後で安定する。つまり、全コア4.9GHzを維持するために電力をじゃぶじゃぶ投入しているのだ。

 Core i7-10700Kも同様にPL1=125W設定時は1分過ぎに125Wで安定するが、PL1=無制限では150W前後まで上がる。一方で、Core i5-10600KはPL1の設定に関係なく、CPU Package Powerは100W前後で安定している。裏を返せば、100W以上の仕事はさせないよう設計されているのだ。SmallFFTを実効させた時の高負荷時消費電力がCore i5-10600Kだけ2段にならない理由はここにある。

まとめ:Ryzenに対してゲームでは依然優勢だが、決め手に欠く

 以上で第10世代Coreプロセッサーの詳細なパフォーマンス検証は終了だ。インテルが第10世代Coreプロセッサーをゲーミング向けプロセッサーとして優秀であるとアピールしているが、今回のベンチマーク結果はその主張を裏付けるものとなった。だがこれは、ゲーム以外の用途では同クラスのRyzenに勝てないという悲しい事実の裏返しでもある。とは言え、プロセスルールでは2周遅れているインテルの14nmがクロック強化とコアの微増でAMDの7nmプロセスの背中にぴったりつけている点は評価してもよいだろう。

 しかし、肝心のゲーム用途でもタイトルの設計次第ではRyzenに勝てないという状況があるということも確認できた。現時点においては、Rainbow Six SiegeやMONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNEではDirectX 11よりもVulkanやDirectX 12といったより新しいAPIでないと力が発揮できないし、最低フレームレートにおいてはRyzenのほうが有利なゲームも存在することがわかった。

 第3世代Ryzenが世に出るまでは、ことPCゲームにおいてはインテル製CPUは不動の王者だった。しかし、そのゲームでも、勝てるシチュエーションが限定されてしまった。平均フレームレートではいくらかRyzenより高い値を示したものの、最低フレームレートとのバランスではRyzenに負けるシチュエーションも出てきた。さらに、現在の価格設定ではRyzenに対して割高感がある。第3世代Ryzenよりも「安くて速い」という価値をはっきりと示せなかったのはインテルの明らかな失策と言える。

 また、第10世代CoreプロセッサーのPL1をインテル定格(125W)の設定にすることで、パフォーマンスはやや下がるものの温度や消費電力といった面でかなり改善することもわかった。Mini-ITXマザーボードで小型なゲーミングPCを組もうと考えているなら、PL1設定を下げることでかなり扱いやすくなることは確かだ。

【特報】6月4日19時~ジサトラKTUで第10世代Coreプロセッサーの特別番組が決定!【自作PCを視聴者プレゼント】

 来る6月4日(木)19時から、デスクトップPC向けインテル第10世代Coreプロセッサーの発売を記念し、アスキーYouTubeチャンネルの「ジサトラKTU #155」にて特別番組を放送します。声優の愛美さんをゲストに迎え、Core i9-10900Kを使った生PC自作を行ないます。作ったPCは愛美さんのサイン入りで抽選1名様にプレゼントする予定です。ぜひご視聴ください!

▽放送情報
放送日: 2020年6月4日(木)
時間 : 19:00~放送予定
番組 : 【自作PCプレゼント】インテル史上最速ゲーミングCPU「Core i9-10900K」で声優の愛美さんが自作PCに初挑戦!:ジサトラKTU #155

▽出演者
ジサトライッペイ(@jisatora_ippei
加藤勝明(KTU)(@kato_kats

▽ゲスト
愛美さん(@aimi_sound
安生健一朗さん(インテル株式会社 技術本部・部長)

 また、自作PC業界の面々が豪華プレゼントをかけたプレゼン&クイズ大会を実施する生番組もアスキーYouTubeチャンネルにて同時配信予定! つばさ&ドリル北村がゲストの方といっしょに第10世代Coreプロセッサーを掘り下げちゃいます! 

▽放送情報
放送日: 2020年6月4日(木)
時間 : 19:00~放送予定
番組 : 【超豪華プレゼント】インテル史上最速ゲーミングCPU「Core i9-10900K」発売記念!自作業界オンラインミーティング

▽出演者
つばさ(@tsubasa_desu
ドリル北村

▽ゲスト
ASRock 原口 有司さん
ASUS 市川彰吾さん
GIGABYTE ソフィアさん
MSI 新宅洪一さん
安生健一朗さん(インテル株式会社 技術本部・部長)

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中