このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最大クロック5GHz以上のモデルが4SKUもラインアップ

Comet Lake-Hは最大5.3GHz!Intel第10世代Core Hのi7は5GHz以上が当たり前?

2020年04月02日 16時01分更新

文● ジサトライッペイ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 IntelはゲーミングノートPCやクリエイターノートPC向けの高性能CPUとして、第10世代Core Hプロセッサーを発表した。開発コードネームはComet Lake-Hで製造プロセスは14nm。最上位のCore i9-10980HKは8コア/16スレッド仕様で、ターボ・ブースト時の最大動作クロックはIntelのノートPC向けCPU史上最大となる5.3GHzを実現している。発表されたのは以下のラインアップだ。

第10世代Core Hプロセッサーのラインアップ

前世代から動作クロックが大幅アップ!

 それでは各モデルを前世代の第9世代Core Hプロセッサー(開発コードネーム:Coffee Lake Refresh-H)と比べながら、第10世代Core Hプロセッサーの新規ポイントを紹介しよう。

 最上位モデルのCore i9-10980HKは従来と同様、型番末尾に「K」が付く倍率アンロックモデルだ。つまり、CPUコアの動作倍率を変更することでオーバークロック(以下、OC)ができる。また、今回新たに「Intel Speed Optimizer」という機能が加わった。これはワンクリックでOCできる方法とのことで、従来OC機能を実装するかどうかはPC製造メーカーに委ねられてきたが、このIntel Speed OptimizerによりOC機能実装モデルが増えるかもしれない。

第10世代Core Hプロセッサーの特徴。左上に記載されているのが新規のポイント。Intel Speed Optimizerのほか、ターボ・ブースト 2.0よりもシングルスレッド時の高クロック動作を狙えるターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0やWi-Fi 6への対応が謳われている

 また、第10世代Core HプロセッサーはメモリークロックのサポートがDDR4-2933まで上がっている点も見逃せない。この仕様は全モデル共通で、Core Hプロセッサー全体の底上げを図っている印象だ。

 Core i7-10875Hは「Core i7」ブランドでありながら、実質は前世代のCore i9-9880Hと同クラスのスペックを誇る。ターボ・ブースト時の最大クロックは5.1GHzと、前世代最上位のCore i9-9980HKすら上回っているのが興味深い。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中