このページの本文へ

Intel「Core i5-10600KF」

内蔵グラフィックス非搭載の「Core i5-10600KF」が発売

2020年08月08日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルの第10世代Coreプロセッサー(開発コード:Comet Lake-S)に新モデルが登場。統合型グラフィックスを省略した「Core i5-10600KF」の販売がスタートしている。価格は3万2000円。

統合型グラフィックスを省略した「Core i5-10600KF」

 発売されたのは、末尾に「F」が付く内蔵グラフィックス機能を省略したモデル。ゲーミングPCなどビデオカードの利用を前提とする。ベースとなるのは「Core i5-10600K」で、グラフィックス機能以外の基本性能に変わりはない。

K付きのためCPUクーラーは付属せず。好きなCPUクーラーやビデオカードとセットで購入するのもいいだろう

 主なスペックは、6コア/12スレッド/ベースクロック4.1GHz/最大4.8GHz/キャッシュ12MB/TDP 125W。倍率ロックフリーに対応するが、Intel vPro、SIPP、TXTのサポートはなし。K付きのためCPUクーラーは付属しない。

 販売しているのは、パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中