このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第299回

Comet Lake-SのポイントであるPL1設定別の挙動や性能も詳しく解説

Core i9-10900Kを筆頭に第10世代Core超徹底検証!Ryzenよりもゲームで強いって本当?

2020年05月26日 14時00分更新

文● 加藤勝明 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CoD: MWは微差でインテル勢が勝利

 次は「Call of Duty: Modern Warfare」で試してみよう。画質はDXRをオフにした以外はすべて最高設定(モーションブラー系はオフ)とし、キャンペーン「ピカデリー」における一定のコースを移動した際のフレームレートを「CapFrameX」で測定した。

「Call of Duty: Modern Warfare」のフレームレート

 このゲームはDXRに対応していることからもわかる通りDirectX 12ベースだが、グラフにある通りインテル勢のフレームレートのほうが微妙に高いだけで、CPU性能の差は非常に小さい。MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNEの差に比べると、このゲームでのフレームレート差は誤差といってもいいくらいだ。

 ちなみに今回の検証環境ではRyzen 5 3600Xのフレームレートが異様に低くなる現象に遭遇したが、単純な不具合だと思われる(かといってデータを記載しないのも憚られるので、そのまま掲載している)。

RDR2でもインテル勢が優秀だが、10コア以上は最低で落ち込む傾向

 続いてはVulkanを使用した「Red Dead Redemption 2」で試してみたい。画質(精密度)は20段階中の10段階とし、トリプルバッファーと垂直同期はオフとした。ゲーム内ベンチマーク機能を利用して計測している。

「Red Dead Redemption 2」のフレームレート

 このゲームでも平均フレームレートにして3fps程度6コア/12スレッド以上のインテル製CPUが優秀な値を示している。MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNEの伸びが特別に大きいだけで、他のゲームではさほど差はないといって良いだろう。

 しかし、今回の検証環境では10コア/20スレッド以上のCPU(Core i9-10900KとRyzen 9 3900X)では、何回試行しても最低フレームレートがずっと落ち込んだままだった、という点が気になった。コアが増えすぎてマルチスレッド処理のオーバーヘッドが出てしまったのか、最適化がうまくいっていないのかまでは不明だが、このタイトルに限っては物理8コアのCPUが良い結果を出せていた。

10コアでもCPU使用率99%の激重シチュエーションではRyzen有利

 最後に直近のタイトルとして「Mount & Blade II: Bannerlord」を試してみた。まだアーリーアクセス段階のゲームなので今後改善される可能性も大だが、2020年5月の検証時点での性能として参照してほしい。

 画質は最高画質とし、バトルサイズ(登場する兵士の数)は最大の1000とした。カスタムバトルで騎兵500騎対500騎を激突させ、その時のフレームレートを「CapframeX」で測定する。ただし、毎回布陣や両軍が衝突する地点が違うため、フレームレートの変動は大きい。最低3回計測して平均フレームレートが中庸な値を採用している。

「Mount & Blade II: Bannerlord」のフレームレート

 この条件でゲームを始めると、Core i9-10900KのCPU占有率は最大で99%程度、敵の数が少なくなるにつれ下がっていくが、両軍が激突した直後はほぼフル稼働となる。PCゲームにおけるCPUの使い方としてはかなり特殊な環境となる。また、ベンチマーク時のシチュエーションに強く左右されるため厳密なベンチマークとは言えないが、Core i9-9900Kに対してCore i9-10900Kはコア数で優位に立ち、さらにクロック(この検証ではPL1の違いも加わる)の差も加わり、フレームレートに大差がついた。

 しかし今回のような検証条件では、コア数の多いRyzen 9 3900Xのほうが圧倒的に有利だ。実際Ryzen 9 3900XはCore i9-10900Kよりも10fps近く上回っている。8コア/16スレッドのRyzen 7 3800Xが次点になるなど、全体的にRyzenに有利なテスト条件だったと言えるだろう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中