このページの本文へ

最新パーツ性能チェック ― 第262回

RTX 2060 SUPERはRTX 2070相当、RTX 2070 SUPERはNVLink対応

GeForce RTX 20 SUPERの性能を検証、次期Radeon対抗の実力

2019年07月02日 22時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

RTX 2060 SUPERがRTX 2070にほど近い性能

 それでは実際に存在するゲームベースの検証に入ろう。まずは新拡張パックの販売が始まった「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」の公式ベンチマークを利用する。画質は“最高品質”とし、解像度はフルHD、WQHD、4Kの3通り(以降、解像度は同様に3通りとする)で測定した。スコアーだけではパワー差が把握しにくくなっているため、ベンチマーク中の最低及び平均フレームレートも比較する。

「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」ベンチマークのスコアー。
「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」ベンチマーク、1920×1080ドット時のフレームレート。
「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」ベンチマーク、2560×1440ドット時のフレームレート。
「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」ベンチマーク、3840×2160ドット時のフレームレート。

 スコアーにしてもフレームレートにしても、3DMarkのスコアー傾向とほぼ同じである。RTX 2060 SUPER FEはその上位にいるRTX 2070とのCUDAコア数の差をクロック上昇で埋めていることがよくわかる。

 続いては軽めのFPS系代表として「Apex Legends」で検証しよう。画質はすべて一番重くなるように設定し、トレーニングステージで一定のコースを移動した際のフレームレートを「OCAT」で測定した。

「Apex Legends」1920×1080ドット時のフレームレート。
「Apex Legends」2560×1440ドット時のフレームレート。
「Apex Legends」3840×2160ドット時のフレームレート。

 素のままだと144fpsでキャップがかかるので、フルHDではどのGPUもほぼ横並び状態だが、WQHD以上になると力の差が出てくる。最高画質設定だとVRAM 8GB以上が推奨とされるが、確かにWQHDだとVRAMを6GBしか持たないRTX 2060 FEの最低フレームレートの落ち込み方が激しい。

 次は重めのDirectX 11ベースのFPS系タイトルとして「Far Cry New Dawn」で検証しよう。画質はプリセットの“最高”とし、ゲーム内ベンチマーク機能を利用して測定する。

「Far Cry New Dawn」1920×1080ドット時のフレームレート。
「Far Cry New Dawn」2560×1440ドット時のフレームレート。
「Far Cry New Dawn」3840×2160ドット時のフレームレート。

 若干RTX 2060 SUPER FEがRTX 2070を上回っている点も見られたが、これはTGPの出方とも一致しているように見える。だがそれを確信するにはまだ材料が足りない。

 同じシューター系のゲームだがVulkanを利用した「World War Z」でも見てみよう。アニメーション品質及び画質は“ULTRA”とし、ゲーム内ベンチマーク機能を利用して計測する。

「World War Z」Vulkan、1920×1080ドット時のフレームレート。
「World War Z」Vulkan、2560×1440ドット時のフレームレート。
「World War Z」Vulkan、3840×2160ドット時のフレームレート。

 やはりこのゲームでもRTX 2060 SUPER FEがRTX 2070を微妙に上回るシーンが見られた。解像度が高くなると処理が飽和して頭打ちになるが、フルHD程度の負荷だとカードの電力設計などの味付けが若干影響してくるようだ。実際に流通するカードではここまで差が詰まるか不明だが、RTX 2060 SUPERはRTX 2070にほど近い性能であることは間違いないだろう。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中