このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

MSI「GeForce RTX 2070 SUPER GAMING X TRIO」レビュー

GeForce RTX 2070 SUPERはパワフルなMSIがベストバイ

2019年07月09日 22時00分更新

文● 飯島範久 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 既報の通り、NVIDIAはGeForce RTX 20シリーズの新ラインナップとして「GeForce RTX 2080 SUPER」「GeForce RTX 2070 SUPER」「GeForce RTX 2060 SUPER」の3モデルを発表した。後者2モデルが7月9日より販売が開始される。

 今回はそんな新ラインナップのなかから、GeForce RTX 2070 SUPERを搭載したMSIの「GeForce RTX 2070 SUPER GAMING X TRIO」を借りられたので、早速レビューしよう。

 なお、本日GeForce RTX 2070 SUPERを搭載したビデオカードが一斉に発売されたが、レビューする「GeForce RTX 2070 SUPER GAMING X TRIO」は7月末に発売予定となる。

7月末発売予定のMSI製ビデオカード「GeForce RTX 2070 SUPER GAMING X TRIO」。予価は7万円前後

MSI独自のトリプルファンが強烈な印象

 本製品は、MSI独自のトリプルファンクーラー「TRI-FROZR」を採用するオーバークロック仕様のビデオカード。これまで、TRIOシリーズとしてRTX 2080TiとRTX 2080のモデルにはこのファンクーラーが採用されていたが、RTX 2070にはなかった。

 RTX 2070 SUPERでは、ダイがRTX 2070のTU106からRTX 2080と同じTU104になったこと。そしてCUDAコア数を始めとする演算ユニットが増量され、クロックやTGPも引き上げられていることから、より冷却効率を向上させるTRI-FROZRが採用されたのだろう。

パッケージとビデオカード。トリプルファンの巨大さは圧巻

 このトリプルファンの存在感は圧倒的で、ボードの長さは実測で約325mm。厚さは55mm。I/Oブラケットからファン部分が約15mmもはみ出している(いずれも突起部を除く)。

ボリューム感満点。基板からクーラーがはみ出している

 重量は実測で1520g。あまりにも巨大で重量があるため、ブラケットに装着してボードを支えるためのサポートステーも付属している。ケースによっては装着が困難な場合もあるかもしれないので、購入前に装着できる空間があるか確認したほうがいいだろう。

ボードを支えるためのサポートステーが付属
重さは実測で1520g。ズシリとくる重さ

 クーラーは、ダブルボールベアリングを採用した、静音性と耐久性を実現した「トルクスファン 3.0」を3基搭載。これにヒートシンクとメタルバックプレートが組み合わせられた、独自のGPUクーラー「TRI-FROZR」によって、効率的に冷却できるようになっている。

上部。3つのファンは、I/Oブラケット寄りが一回り小さい
羽根の形状も独特で、突起が2つ付いている羽と途中からカーブが変わる羽が交互に取り付けられている分散型ファンブレードを採用する
メタルバックプレートにはMSIのロゴ入り
アルミのヒートシンクは、空気が通過するときにより熱を吸収すべく、表面積を広げている
密集型ヒートパイプにより、効率よく熱を集められるようにしている

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中