このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

性能も機動力も最高峰! 「VAIO Z」ロードテスト第10回

起動もアクセスも高速! 「VAIO Z」の爆速SSDを検証

2012年05月07日 16時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーのハイエンドモバイルノート「VAIO Z」にはストレージとして、「第3世代SSD」と呼ばれる高速なSSDが採用されている。さらにその高速なSSDを2台でひと組にすることで、ドライブの容量と転送速度を倍増させているのだ。そこでVAIO Zロードテスト第10回では、そのSSDの実力について検証したい。

標準仕様(店頭)モデル「VPCZ239FJ/B」。ドッキングステーション「Power Media Dock」が付属する。本体カラーはブラックのみ
試用機の主なスペック
製品名 VAIO Z
型番 VPCZ239FJ/B(Black)
CPU Intel Core i5-2450M(2.5GHz)
メインメモリー 4GB
ディスプレー(最大解像度) 13.1型ワイド(1600×900ドット)、LEDバックライト、低反射コート
グラフィックス機能 AMD Radeon 6650M(1GB、Power Media Dock接続時)、Intel HD Graphics 3000(CPU内蔵)
ストレージ 128GB 第3世代SSD RAID(64GB×2)
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(Power Media Dock接続時)
本体サイズ/重量 約幅330×奥行き210×高さ16.65mm/約1.165kg、Power Media Dock:約幅148×奥行き220×高さ16.65mm/約685g
バッテリー駆動時間 付属バッテリーパック:約9時間、別売バッテリーパック:約9時間(内蔵用)、約17.5時間(内蔵用+拡張用)
OS Windows 7 Home Premium SP1(64bit)

RAID 0構成で2台のSSDをさらに高速化!

 「RAID」(レイド)とは、HDDやSSDなど複数のストレージを組み合わせて、仮想的な1台のストレージとして利用することで、アクセス速度や信頼性を向上させる技術のことだ。RAIDにはストレージの組み合わせ方や運用目的の異なる7種類の「レベル」が存在しており、VAIO Zではストレージのアクセス速度向上を目的とした「RAID 0」が採用されている。2台以上のストレージにデータを分散させることで、読み書きの速度が飛躍的にアップするのだ。

 VAIO Zの標準仕様モデル「VPCZ239FJ/B」には64GBのSSDが2台搭載され、RAID 0によって1台の128GB SSDとして利用できる。128GB SSDを1台搭載したほうがコストは低いが、2台のSSDをRAID 0で構成したほうがより高速にアクセスできるのだ。最高のパフォーマンスを追求したVAIO Zならではの選択だといえるだろう。

 直販サイト「ソニーストア」で購入できるVAIOオーナーメードモデル「VPCZ23AJ」では、SSD容量を128/256/512GBから選択可能だ。この場合のSSDの組み合わせはそれぞれ64GB×2/128GB×2/256GB×2で、すべてRAID 0で運用されている。大容量のストレージを求める場合は、VPCZ23AJを選ぶといいだろう。

ソニーストア

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン