このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

性能も機動力も最高峰! 「VAIO Z」ロードテスト第4回

「VAIO Z」の現実的なバッテリー駆動時間を把握する

2012年03月05日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーの「VAIO Z」は、高さ16.65mmのフラットな薄型ボディーに先進パーツを詰め込んだパワフルなモバイルノートだ。しかし、実際に持ち歩いて使うとなると、バッテリーがどれくらい長持ちするのかといったモバイル性能が重要になる。そこで連載第4回では、ベンチマークテストの結果を交えながら、VAIO Zのバッテリー性能について検証したい。

直販サイト「ソニーストア」限定販売のVAIOオーナーメイドモデル「VPCZ23AJ」(写真はシルバー)
試用機の主なスペック
製品名 VAIO Z
型番 VPCZ23AJ(Silver)
CPU Intel Core i7-2640M(2.8GHz)
メインメモリー 8GB
ディスプレー(最大解像度) 13.1型ワイド(1600×900ドット)、LEDバックライト
グラフィックス機能 AMD Radeon 6650M(1GB、Power Media Dock接続時)、Intel HD Graphics 3000(CPU内蔵)
ストレージ 256GB 第3世代SSD(128GB×2)
本体サイズ/重量 約幅330×奥行き210×高さ16.65mm/約1.165kg、Power Media Dock:約幅148×奥行き220×高さ16.65mm/約685g
バッテリー駆動時間 約9時間

無線LANを有効にしてウェブ閲覧時のバッテリー性能をチェック

 カタログ上の公称値では、VAIO Zのバッテリー駆動時間は約9時間となっている。これはPCのバッテリー性能チェックとしてよく使われる「JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver.1.0)」にもとづいた結果だ。詳細はVAIOのサポートページに掲載されているが、大まかに説明すると以下のように測定されている。

  • 無線LANを無効化
  • スピーカーおよびドルビー機能を無効化
  • 付属ソフト「VAIO Gate」や「ウィルスバスター2011クラウド」を終了
  • 電源プランを「省電力」に設定
  • 液晶ディスプレーの明るさを3割程度に落とす
  • 上記の設定で、JEITA指定のmpegファイルを連続再生する

 ほかの製品も同様のテストを行なっていることを考えれば、公称値はバッテリー性能を判断するひとつの指針となる。しかし、VAIO Zを屋外にも持ち運んで使う場面を考えると、ネットに接続してウェブを閲覧している場合の駆動時間も気になるところだ。

 そこで今回のバッテリーベンチマークでは、まずVAIO Zを以下のように設定した。

  • 無線LANを有効化
  • スピーカーおよびドルビー機能は有効化のまま
  • 付属ランチャーソフト「VAIO Gate」や「ウィルスバスター2011クラウド」は常時動作
  • 電源プランを「省電力」に設定
  • 液晶ディスプレーの明るさを50%に設定

 また、無線LANを利用して、Yahoo! JapanやGoogle、ソニーストアへのアクセスを行なった。

表示したウェブページはYahoo! JapanやGoogle、ソニーストアなど

 ベンチマークには利用したソフトは海人氏作成の「BBench」だ。このソフトでは複数のウェブページの自動巡回が可能で、バッテリーの残量を秒単位で記録できる。

バッテリー残量をリアルタイムで記録する「BBench」

 なお、ベンチマーク結果はあくまでもひとつの指針であり、マシンの設定や環境によって結果が変化することをあらかじめご了承願いたい。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン